イーロン「来年、テスラで省エネの家庭用エアコンを作るかも」

  • 8,823

  • author 岡本玄介
イーロン「来年、テスラで省エネの家庭用エアコンを作るかも」
image:shutter Stock

リモコンはタッチ画面1枚とか超シンプルにして欲しいですね。

電気自動車メーカーTesla(テスラ)から、エアコンが作られるという噂が出ており、ダイキンなど既存のメーカーらが身構えている、と報じられています。これは9月22日に行われた、株主総会でイーロン・マスクが「来年家庭用エアコン事業を始めるかも」と言ったのがきっかけとなっています。

さまざまな技術の結晶になりそう

これまでテスラは、技術は違えど自動車のエアコンはもとより、家庭用の太陽光パネルに充電池、そして新形コロナウイルスが猛威を奮った時に作った人工呼吸器を作った経験があります。

また最近では、スマートホームのためのHVAC((Heating, Ventilation, and Air Conditioning)という暖房、換気、空調システムについても動きがあるようそうな。エアコンはそのひとつなのでしょうね。

HEPAフィルターも内蔵するだろう

実はもう2年前に、メディアによって「Model Y」の中にヒートポンプ式のエアコンが発見された時、イーロン・マスクは静かで効率的で、湿度管理とHEPAフィルター内蔵の家庭用HVACを作る意欲を見せたことがありました。おそらくは、そのアイディアもエアコン開発の下地になっていることと思われます。

ついでに「モデルS」と「モデルX」には、HEPAがフィルターを活用した「Bioweapon Defense Mode(生物兵器防御モード)」が搭載されており、バクテリア、ウイルス、花粉、カビの胞子など99.97%の微粒子状物質とガス状汚染物質も除去します。欧米の山火事や中国のPM2.5が溢れた空気の中では有効でしょうね。

結露を再利用?

これらの技術を合体させて作られるエアコンは、きっと太陽光発電で運転し、空気を清浄化し、もしかしたら排熱なども利用した効率的なものになると考えられます。更には結露だって飲水に濾過するかもしれない、なんてつぶやいたこともあったので、そんな機能も追加されるかもしれません。

TESLAのエアコンはすでに完成している!?

ちなみにですが、セルビアネパールにも、まったく別のTESLAという家電メーカーがあり、エアコンを製造販売しています。現地ではイーロン・マスクのと間違えて買っちゃう人が出てくる…かも?

Source: 日本経済新聞, Twitter, NIKKEI ASIA, electrek (1, 2), TESLA, TESLA

    あわせて読みたい