「Zoomであんたの裸動画撮った」詐欺が横行中

「Zoomであんたの裸動画撮った」詐欺が横行中
Photo: Getty

こっっっっわ!

2020年。かつてないほど多くの人が長い時間、ウェブカメラを利用した年なはず。てことで、最近流行りのネット詐欺がこれです。「Zoomでのあんたの裸動画にアクセスできた。ばらまかれたくなかったら…」

スパム対策をリサーチするBitdefenderが、この詐欺についてレポートを公開。10月20日以降、米国内で25万件の詐欺メールが送られているといいます。以下、Bitdefenderが公開した詐欺メールのスクリーンショット。内容をまとめると

Zoomのセキュリティがザルだった頃、ふとしたことてあなたのアカウント&カメラにアクセスできてしまい、いろいろ試したりいじったりしているうちに、あなたが1人で自慰行為している映像が撮れてしまった。あなたには悪いとは思うけど、コロナでリストラされ、お金もなく、体調も悪い。生きるためにはこうするしかない。てことで、映像を公開されたくなかったらビットコインで2000ドル支払えや!

201104zoomscacmmers
Screenshot: BitDefender

主に米国内で横行している詐欺のようですが、もし、もーし似たような脅迫メールが来た場合、実際は相手が裸動画・画像を所持していない場合がほとんど。確かに初期Zoomのセキュリティは甘く、Zoombombingと呼ばれる荒らし行為があったり、非公式ページからZoomをダウンロードしてしまったユーザーがマルウェア仕込まれておりウェブカムをハックされたりという報告はありました。それでも、やっぱり実際に裸や行為の映像を押さえられているなんてことは非常にレアケースもレアケースなはず。

Zoomで服脱いでないし、パソコン開いてるときに裸になることない。そういう人は、こんな詐欺メッセが来ても一蹴して終わりでしょう。ただね、諸事情でウェブカム前で少々薄着になってしまう人もいるわけで…。そんな人からしたら「絶対うそ! 詐欺!」とわかっていても、心の奥底に不安が残ります。悪いやつってのは、この不安をついてくるから怖い。

心配性だという人は、ウェブカメラOFF時は物理カバーをつけるなどで対策するのも1つ。そして、ウェブカムONにしている時は理性を保つのも1つ。

Source: Bitdefender

    あわせて読みたい