先祖供養はお守りがカギ。Bluetoothで電子ペーパーの墓碑銘が変わるハイテク共同墓地

  • author 岡本玄介
先祖供養はお守りがカギ。Bluetoothで電子ペーパーの墓碑銘が変わるハイテク共同墓地
Image: 株式会社ニチリョク

遺族がデザイナーなら凝った墓標ができそう。

日本初。ビーコンが入ったお守りを持参すると、墓石に組み込まれた電子ペーパーがご先祖様の墓碑銘を自動的に表示するハイテクな共同墓地「お守り de お墓参り」が作られました。

近付くと墓碑銘が表示、離れると元に戻る

近年は核家族化や少子化で、お墓を作らない、またはお墓参りする機会が減るなどの傾向があり、共同墓地を望む人も多いのだそうです。そこでBluetooth Low Energy(BLE)のビーコンが入ったお守りが鍵となる永代供養付きのお墓、電子銘板墓所「光」が考案されました。これでご先祖様は無縁仏になることがありません。

201221_ohaka2
Image: 株式会社ニチリョク

家名や戒名、メッセージや装飾など自由なデザインが表示できるのも特徴です。

八千代市に登場

このお墓は、千葉県八千代市にある八千代悠久の郷霊園に設置され、骨壷1つにつき29万円13年間収められることになっています。期間が過ぎると霊園内合祀墓にて合祀されます。ちなみに一基につき35個の骨壷が収納できるとのこと。


世の中には屋内で故人の名前が出てくる共同墓地や、バーチャル墓参りカメラ、はたまた環境のため遺体を堆肥にする埋葬といったものまでありますが…アナログなお墓参りも最新の技術を上手く取り入れ、時代に合わせることも必要なのかなと思います。何はともあれお墓参りには絶対お守りを忘れないように!

Source: 株式会社ニチリョク (1, 2) via Japaaan

    あわせて読みたい