Apple Siliconが最大32コアに進化? さらに128コアGPUも!?

  • 20,097

  • author 塚本直樹
Apple Siliconが最大32コアに進化? さらに128コアGPUも!?
Image: Apple

すごいことになりそう。

すでに凄まじいパフォーマンスを発揮しているApple(アップル)のApple Siliconプロセッサですが、2021年にはIntel(インテル)最上位プロセッサを上回るパフォーマンスを実現するかもしれません。

Bloomberg(ブルームバーグ)の報道によると、2021年の春から秋にかけて投入される次期MacBook ProやiMacには、高性能コア16基と高効率コア4基を搭載したApple Siliconが投入されます。なお、歩留まりによっては高性能コアを8基/12基のみ有効にしたバリエーションが最初に搭載される可能性もあるそうです。

そして2021年後半から2022年にかけて登場するハイエンド版のiMacとハーフサイズのMac Proには、最大32基もの高性能コアを搭載したApple Siliconが搭載されるそうです。これは現行のインテルプロセッサのコア数を大幅に上回っており、現行のM1チップのようにパフォーマンスでも上回ることになりそうです。

また報道によれば、アップルは現行のM1チップの7/8コアから、16コア/32コアに強化されたグラフィックスプロセッサ(GPU)を、2021年のハイエンドラップトップとミッドレンジデスクトップ製品のために用意しているそう。さらに、2021年後半〜2022年に向けて64/128コアのGPUも開発しており、これはNVIDIAやAMDのGPUの数倍のパフォーマンスを発揮するそう。

CPU業界だけでなく、GPU業界もひっくり返しそうなアップルの独自CPUとGPU。「ハイパフォーマンスPCならMac」な時代がすぐにでもやってきそうな予感ですよ!

Source: Bloomberg

    あわせて読みたい