豪邸しか似合わん!Bugatti × Tidal Audioの超高級スピーカー

  • 10,763

豪邸しか似合わん!Bugatti × Tidal Audioの超高級スピーカー
Image: Tidal Audio

おいくらなんでしょう…?

呆れるほど高級なスピーカーやヘッドホン、サウンドバーは目新しいものではありません。ですが “高級“とひとくちに言っても「普通」レベルから「マジで?」と思うレベル(AirPods Maxですね)、それから今回のTidal for Bugattiのような雲の上レベルまで存在します。

Tidal for Bugatti Royaleシリーズは、幾つになってもレースカーのデザインが大好きなリッチな大人のための超高級タワースピーカーです。

超高級と超高級のコラボ

誤解のないように言うと、ここでのTidalはジェイ・Zの音楽ストリーミングサービスではなく、高品質なスピーカーを作るドイツのハイエンドオーディオメーカーTidal Audioのこと。どの程度のハイエンドかと言うと、同社のラウドスピーカーAkiraは価格がペアで21万5000ドル(約2,225万円)といった具合です。そしてBugatti(ブガッティ)は言わずと知れた超高級スポーツカーのメーカー。お値段7桁ドルのBugatti Veyron(ヴェイロン)は、タイヤの交換でさえ4万2000ドル(約435万円)もかかります。

じゃあこのコラボスピーカーはどんだけ値が張るんだろう?…と疑問に思うも、価格はどこにも記載されてないんですよね。そもそも「値段を気にする程度なら購入は無理」と暗に言っているようなものでしょうか。実際私には到底買えっこないですし、ほとんどの人がそうかと。

Tidal Audioは今回のコラボ発表のなかで、このスピーカーは「五感に喜びをもたらすユニークな中核として、居住環境にずっと置かれる芸術品」だと綴っています。卓越性や芸術性についての飾り立てるような文章が続きますが、正直言ってこの製品がイーロン・マスクやDJ キャレド、あるいはジェフ・ベゾスの大邸宅以外に置かれている姿は想像しづらいかも…。

Tidal for Bugatti には、Royale Edition BlancとRoyale Edition Noirの2つの限定モデルがあります。Tidal Audioいわく「Bugattiのハイパースポーツカーシリーズの精神に沿った」カラーやキャビネットなどのカスタマイズがあるとのこと。スペックはと言うとロングスローサブウーファー4基、フロントファイアリング型ウーファー2基、ダイヤモンド・ツイーター、セラミック・ミッドレンジドライバーを搭載。アンプを内蔵したアクティブスピーカーなので、ストリーミングを楽しめるはず。

201218bugatti2
Image: Tidal Audio

大きさもラグジュアリー…

高音質を存分に楽しめるので、こんなスピーカーで大好きな歌でも流されたら感動して涙を流してしまうかもしれません。でも、高さ4.7フィート(約1.4m)で、重量およそ350ポンド(約159kg)というサイズが引っ掛かりました。パーツにどんな色を選んだところで、ラグジュアリーな豪邸でなければ浮いてしまいそうな大きさです。

この高級スピーカーはおそらく、Bugattiが1927〜33年にかけて欧州の王族用に設計した大型高級車Royale Type 41にちなんで名付けられたのでしょう。しかし、同モデルは大恐慌時代の真っただ中に生産されたため、売れたのは6台のうち3台だけ。しかもそのうち1台は冷蔵庫のために売り払われたという歴史があります。

Royaleがスピーカーとして生まれ変わったのは、奇しくも当時と似たような状況の現代ですが、洗練された外観にハイエンドな音響が詰め込まれたのは、超高級メーカー同士のコラボだからこそ。どうかRoyale Type 41の二の舞になりませんように。

Source: stereophile, motor1, Tidal, What Hi-Fi, carbuzz,

    あわせて読みたい