Chromecast with Google TVレビュー: かゆいところに手が届く! コスパ最強セットが冷静に考えてすごいぞ

  • 18,718

  • author 嘉島唯
Chromecast with Google TVレビュー: かゆいところに手が届く! コスパ最強セットが冷静に考えてすごいぞ
Photo: Yui Kashima

おうち時間がはかどるわぁ。

Googleから、「Chromecast with Google TV」が発売されました。早速手に入れたのでチェックしていきたいと思います。

Chromecast+AndroidTV=Chromecast with Google TV

このガジェットは、テレビなどに搭載されていたスマートテレビ機能Android TVと、スマホやPCなどをテレビ画面にミラーリングできるChromecastの2つの機能が使えるデバイスです。このメイン機能に加えて、Googleアシスタントも使えるようになりました。

要は、テレビに差し込むだけで、家のテレビがスマートテレビになる&スマホの画面も映し出せちゃうというもの。

シンプルなデザイン、シンプルなセットアップ

こちらがデバイス本体とリモコン。カラバリはSnow(ホワイト系)、Sunrise(ピンク系)、Sky(ブルー系)の3色展開で、今回はSnowを使っています。ボックスの中もシンプル。ちょっと見えにくいですが、リモコン用の単4電池も2本入っていますよ。

リモコン

リモコンは手にすっぽりおさまる小さめサイズ。右サイドには物理の音量ボタンがついています。右上のネイビーのボタンを長押しするとGoogleアシスタントが起動。音声検索ができます。

一番上は、懐かしのクイックホイール!……ではありませんでした。ちょっぴり残念。

snow_cc_TV_dongle

セットアップはとってもシンプル。テレビのHDMIに差し込んで、スマホのGoogle Homeアプリを起動するだけです。認証用のQRコードが表示されるので、スマホでスキャンすればペアリング完了。

スマホの方でボイスマッチやストリーミングのアプリ設定をしていきます。Android TVっぽいですね……! YouTubeとNetflixは専用ボタンがあるぐらいなので、デフォルトで入ってます。

醍醐味は、アプリを横断して好きなコンテンツを探せること

セットアップが完了すると、すぐに使えるようになります。ホーム画面は上の画像のようなデザイン。「検索」「おすすめ」「映画」「番組」「アプリ」「ライブラリ」とタブが並びます。US版では「Live」のタブがありましたが、日本では未搭載。

トップの「おすすめ」タブを見てみると、ユーザーの属性にあったコンテンツとマッチ度を、NetflixやPrime Videoなどサービスをまたいで表示してくれます。Googleによると「"おすすめ"や検索結果には、さまざまなGoogleでのサービス連携したものを表示するのが現行のAndroid TVとの大きな違い」とのこと。

その他のタブでは、例えば「番組」は複数話で構成されているコンテンツ、ライブラリはダウンロードしたコンテンツなどが表示されます。

Chromecastはなんだかんだ使いやすいです

今までAndroid TVの機能について説明してきましたが、もちろんスマホの画面をミラーリングできるChromecastの機能も搭載されています。これまでもYouTubeとかNetflixをテレビの画面で映していた人は多いんじゃないでしょうか。

スマホのアプリから、キャストのアイコンを押せばリビングルームのテレビで再生できるChromecast。

一応、テレビ画面をリモコンで直接操作できるようになっているわけですが、ぶっちゃけリモコンの操作ってダルいんですよね……。検索するときにリモコンで文字を打ち込むのって面倒なので。

作品名を打ち込んで探すのは、手元でスイスイっとスマホで打ち込んだ方が早いです。Chromecastの機能が残っててよかった…!

他には、Google Meetなどのアプリもキャストできるので、オンラインMTGなども大画面でできます。

これから期待したいポイント

セットアップは簡単だし、操作もわかりやすいし、サービスを横断して作品を検索できるものありがたいのですが、いくつか「これは課題だな…」というポイントもありました。

ひとつは、音声検索。リモコンに音声検索ボタンが設置されているぐらい肝いりの機能っぽいのですが、1週間使ってみたところ検索結果にYouTubeしか出てきませんでした。「Prime Videoでヴァチェロレッテが見たい」と、かなり親切に話しかけてもひたすらに表示されるYouTube…。日本語での音声検索はまだ課題があるようです。

また、現段階ではマルチアカウントは実装されていません。ボイスマッチに対応はしているものの、まだ声だけでアカウントを切り替えることは不可。一人暮らしなら問題ないと思うのですが、家族と一緒に使う場合はちょっぴりヒヤヒヤするかもしれないです。

あと個人的には、やっぱりリモコンはiPodのクイックホイールっぽいUIがよかった〜!

で、実際「買い」なのか?

Chromecast with Google TVは、最大解像度4K、HDR対応で本体価格は7,600円です。日本ではその他に、本体+Netflix6ヶ月分のメンバーシップつきで1万1200円のタイプも発売。Netflixのスタンダードプランは1カ月1,320円なのでこのプランはかなりコスパが良さそう。

競合を考えると、Apple TVは現在1万5800円で4K対応のFire TV Stickは6,980円。本体価格だけ見ると、ほんのちょっとFire TV Stickに軍配が上がります。悩ましいところですが、Netflixのセットと買うとなると、Chromecast with Google TVが驚異のコスパになりますね。

ちなみに、Googleは第3世代のChromecastも並行して販売するみたい。現段階では5,072円。いやぁ、Netflixt6ヶ月分のセットは強いわ……。

Photo: Yui Kashima

Source: Google

    あわせて読みたい