ディズニーワールドの苦悩。マスクをしない人たちへの「画像加工」はもうやめだ

  • 13,242

  • author そうこ
ディズニーワールドの苦悩。マスクをしない人たちへの「画像加工」はもうやめだ
再オープンした頃のDowntown Disney(アナハイム) Image: Handout/Gettyimages

こんな苦労があったなんて。

夢の国の本家本元ディズニー・ワールド。コロナパンデミックで、入園するにはマスクの着用が求められています。が、ディズニー・ワールドに限らず、どれだけマスクをしろと言っても、(できないのではなく、理由なく)しない人がいるもので…。そいう困ったちゃんたちに、ディズニー・ワールドはこういう処置をしていました。

わかりますか? ジェットコースター3列目に座る女性、彼女のマスク違和感ありますよね? これ、画像処理でマスクが付け加えられているんです。

ディズニー・ワールドがマスク加工したのには理由があります。当初、マスク着用という園のルールを守らない来場者は、ジェットコースターで撮影した写真をダウンロードできないようになっていました。アトラクション後の写真エリアに写真が表示されないという状態。ただ、それだとたまたまそのライドに乗り合わせてしまったマスクをしている人がとばっちりを食うことになります。そこで、マスクを着けていない人は画像加工で処理するという対応へ。ただ、この対応策は試行錯誤のテストだったようで、すでに今後もうマスク画像加工はしないと公式が発表しています。加工しないから、みんな本当マスクしてよね?と。加工はしないものの、マスク未着用の来場者が写真をダウンロードできるかは不明。

夢の国に、こんな涙ぐましいマスク対策を強いるなんて…。コロナの恐ろしさよ。

Source: The Verge

    あわせて読みたい