耳型を作ってシンクロ率100%に。オンキヨーから『エヴァンゲリオン』コラボのインイヤーモニター

  • 9,319

  • author 岡本玄介
耳型を作ってシンクロ率100%に。オンキヨーから『エヴァンゲリオン』コラボのインイヤーモニター
Image: ONKYO

これで映画を見たらスゴい音響でしょうね。

音響機器のONKYO(オンキョー)から、『新世紀エヴァンゲリオン』とコラボしたインイヤーモニター(IEM)が発売されます。

これはデザインが10種、および6種類のドライバー、3タイプの遮音性、2種類のコネクタージャックを選択できるだけでなく、購入者が耳を型取りするので完全に自分好みのIEMをオーダーメイドできる、という特別企画なのです。

選べるデザイン

IEMのケースは、オンキョーのD型シェルタイプ。そしてピックアップされた4つのカテゴリーから、左右のデザインが選べるようになっています。

用意されたのは初号機、碇シンジ、ネルフのロゴをあしらった「EVA-01」、次いで弐号機、式波・アスカ・ラングレー、ネルフがある「EVA-02」、それと零号機、綾波レイ、ネルフの「EVA-00」、加えてMark.06、渚カヲル、SOUND ONLYのロゴが描かれた「EVA-06」。いくつも組み合わせられるものの、カテゴリーで分けられているで迷っちゃいますね。

201202_onkyo2
Image: ONKYO

デザインが決まったら、ドライバーは新開発のマグネシウム振動板を搭載した、「シリーズM」の3種類、もしくは高解像度な中高音と豊かな低域が楽しめる「シリーズJ」の3種類と計6種類から選択し、装着時の遮音性をPro、Standard、Sportsの3種から、またコードを接続するコネクター端子を「T2」と「MMCX」から好みのものを選びます。

インイヤーモニターとは

これは舞台にいるミュージシャンやパフォーマー、サウンドエンジニアが音響のチェックに使ったり、オーディオマニアが音楽を楽しむためにある、プロ仕様のイヤフォンです。周囲の雑音を寄せ付けず、遮音性を高めるため耳の形に合わせた「カスタムIEM」が作られることもあります。

耳型はメガネ屋さんで

そんなワケで、この製品はONKYO DIRECTで予約をしたのち、全国にあるメガネのアイガンにて耳型の採取をおこなう、という流れになっています。完成まで手間暇かかりますが、手元に届いたらシンジと同じS-DATプレイヤーでテーマ曲でも聞いてみたいものですね。

受け付けは5月31日まで

受付期間は2020年12月1日の15:00から、2021年5月31日の15:00まで。発送は耳型が工場に到着後、標準納期 60日間(目安)を予定しており、価格はMシリーズが各10万4,280円〜で、Jシリーズだと各9万3,280円〜とのことです。購入には、国産バッグメーカー「VanNuys」とコラボした、オリジナル専用ケースが付属します。

『エヴァンゲリオン』好きの音楽マニア向けですが、自分だけのカスタムメイドには憧れますね。注文するのは、やっぱりプロの方々が多いのでしょうか?

Source: Twitter, ONKYO (1, 2, 3) via 価格.com

    あわせて読みたい