コロナどこ吹く風。Z世代のミダス、トラヴィス・スコットが年商100億円に

  • 7,018

  • author satomi
コロナどこ吹く風。Z世代のミダス、トラヴィス・スコットが年商100億円に
Image: Epic Games, NIKE, McDonald's, SONY

『フォートナイト』にナイキにマクドナルドにPS5。

今年のForbes世界を変える30歳未満30人(30 under 30)特集号の表紙を飾ったのは、手に触れるものすべてが黄金に変わるギリシャ神話のミダスのようなラッパー、Travis Scott(トラヴィス・スコット)。30 under 30登場は2回目なのですが、今年はなんとなんと年商1億ドル(100億円強)に届く勢いなのだといいます。

ふつう1億ドル超えするのは、テイラー・スウィフト級の大物なのだけど、今年はCOVID-19でミュージシャンは軒並み頭打ちです。ライブやイベント中止の影響でミュージシャンの収入は平均85%ダウン(BBC調べ)という恐ろしい数字になっています。

ところがトラヴィスは楽曲売上を除くブランディング契約やマーチャンダイジング販売だけでこれだけの収入です。ついたあだ名は「Corporate America's Brand Whisperer(アメリカ株式会社のブランド触媒師)」。ご覧のように大型タイアップ契約だけで50億円余裕。とんでもない当たり年だったことがよくわかります。

大学を親に内緒で中退

トラヴィス・スコットはテキサス州ヒューストン生まれで、1歳から6歳まで治安の悪い地域の祖母の家で育ち、その後は中流住区の両親のもとに引き取られました。父は自営のミュージシャン、母はApple勤務。頭はよくて17歳で高校を卒業して地元のテキサス大学に進学したものの、学校がつまらなくてラッパー目指して親に内緒で中退。NY、LAの友人宅の家を転々としていたところで実家にバレて仕送りが停止となり、細々とラップをブログにアップロードしているうちに、ほかのブロガーの目に止まって少しずつチャンスを掴んでいきました。

カンダーシアン家の末っ子との間に女の子誕生

Aクラスのセレブの仲間入りをしたのは、カンダーシアン家の末っ子、カイリー・ジェンナーとの間に愛嬢Stormiちゃんが生まれた辺りからで、今でも自分のことをよく「スーパーダッド」と呼んだりしています。

レブロン・ジェームズの近所に豪邸を大人買い

今年は、子育てしやすいように、カイリー(くっついたり離れたりしているが子育ては共同作業)と共同所有の家から車で15分の近場でお家を探し、こんな美術館みたいなセカンドハウスも購入しました。

Video: Famous Entertainment / YouTube

LA市街と海を一望するブレントウッドの丘の上の一等地にあり、近所にはNBAの現人神レブロン・ジェームズも住んでいます。昨年発売価格4200万ドル(約44億円)から2度の値下げで半額近い2350万ドル(約24.5億円)まで落ちたタイミングでオファーをし、『フォートナイト』の臨時収入などを全額キャッシュでポンと払ってGET。そういうところ、お金の使い方うまいですよね。

ガレージには車を20台、ワインセラーにはワインを650本、ムービーシアターには人を15人収容でき、 総床面積1552平米、7ベッドルーム、11バスルーム。トイレ11個掃除するだけで1日が終わりそうだ…。

Z世代ブランディングの神様

トラヴィスは『フォートナイト』の後も引っ張りだこ♪

9月から1か月間はマクドナルドにトラヴィス・スコット特製ミール(6ドル)が登場し、グッズもミールも飛ぶように売れました。セレブメニューは1992年のMcJordanバーガー以来の大異変です。「マイケル・ジョーダンは知ってるけどトラヴィス・スコットってだれやねん!?」な~んて言ってると取り残されるってことですね~はい~。General Mills社が昨年トラヴィス・スコットの箱で売った朝食シリアルも50ドルもするのに30秒で完売してますし。マクドナルドもターゲットはZ世代です。

バーガーにベーコンはさんでフレンチフライにBBQソースをつけるっていうのはトラヴィスのアイデアです。「親父がたまにおごってくれるマックでいろいろ乗り切れた」というストーリーもね。通常コンボメニューとの違いと言ってもそれだけなんですがね。スタッフが全員、トラヴィスのレーベルCactus Jackによる特製デザインのシャツを着て売って、材料調達が追いつかないほどの人気でした。

『フォートナイト』を多分に意識したCM。

Video: McDonald's / YouTube

「普通のバーガーと変わんねえじゃねえかよ、あ、でも、なんかトラヴィス・スコット入ってくる気がする、おーきたきたー…え?トラヴィス・スコット知らない? 『フォートナイト』でライブしてそこら中、トラヴィス・スコットになってんじゃん、ミュージシャンだお」とゆるく語るレビューまで2.6ミリオンビュー。それを言うために買いにいく妙な現象に発展しました。

Video penguinz0 / YouTube
「限界を超える」というポスターを背景にトラヴィス・スコット・バーガーを食べる人

Nikeとのコラボも、Apple発売日の行列なんてもんじゃなく入荷日時の問い合わせ殺到で店が「業務できない」と悲鳴。転売相場も748%プレミアムつくとかスニーカー業界も、もう何がなんだか、らしい…。

愛嬢の母親カイリー・ジェンナーは2019年、21歳で史上最年少のビリオネアになってForbesの表紙を飾った人ですが、ビリオネア、ビリオネアと自分で言っていただけで本当はカイリー・コスメティックスの売上はそこまでなかったことが同誌の調査で判明。この春、懺悔特集が出て、トラヴィス・スコットと明暗を分けるかたちになりました。なんかそこでツキの神様が引っ越したような気さえします。やっぱり正直が一番よね。

    あわせて読みたい