Googleマップのコミュニティ機能アプデで、近くのお店が探しやすくなったよ!

  • 5,135

  • author Brianna Provenzano - Gizmodo US
  • [原文]
  • R.Mitsubori
Googleマップのコミュニティ機能アプデで、近くのお店が探しやすくなったよ!
Image: Gizmodo US

またみんなで「二次会行く人ー?」とかやりたい。

近くに予約とれるレストランないかな…と検索しまくったり、何時間もかけて完璧なハイキングコース見つけたのに実際に行ってみたら工事中だったとか…、そんな経験ありますよね? 日々更新される情報を活用しきれずに「社会で生きるって大変」なんてため息ついたりして。特に今は、新型コロナウイルスの影響で飲食店はじめビジネス全般が不規則で、ほんとに軽くパニックですよね。

そんな、私のような方に朗報です! Googleマップが11月30日、お気に入りのローカル情報が一目でわかるコミュニティフィードの新機能を発表しました。


おすすめ情報をもとにユーザー好みのスポットの表示も可能

こちらのフィード機能、さっそく試してみました! アプリの左下にある[スポット]タブをタップすると「○○周辺のスポット」といったウィンドウが出現。それをまたタップすると、最新のレビューや画像、投稿といった「信頼できるローカルソースからのアップデートとおすすめ情報」が表示されます。


Google_Maps_Community_Feed
Image:Google blog

月曜日にGoogleが公開したブログ記事の内容は以下のとおり。

お気に入りのメキシコ料理店に新メニューが登場したかどうか知りたいですか?

Googleマップでレストランをフォローしておけば、フィードでアプデ情報を取得できます。

近所にできた新しいハイキングコースや人気の日帰り旅行をお探しなら、フィードをチェックして地域のGoogleマップユーザーからのおすすめを教えてもらいましょう。

マップをタップ、ズームすれば、情報通の地元ユーザーから寄せられた世界各地のお役立ち情報をゲットできます。

スポットをタップするとたとえば「地元のハンバーガースペシャル」や「横浜でおすすめのサイクリングルート」といったリストが表示されるので、フォローしておけば、いつでも「地元エキスパート」による最新情報をチェックできます。もちろん、個別のお店やレストランもフォローでき、新サービスや営業時間なども一目で確認OK。しかもお気に入り情報をもとにユーザーの好みに合ったおすすめスポットを表示してくれるようになるわけですから、もう賢い!

新型コロナウイルスの影響でこれまでにない苦難に見舞われ、対応に苦慮している店や会社も多いですが、今回のアップデートはそうした課題へのダイレクトな対応とみられています。

コミュニティフィード上ではお店側も、テイクアウトや配送オプションといったサービス内容、そして新規オンラインサービスや安全対策などを投稿することで顧客とダイレクトにつながれるわけですね。

コミュニティフィードは、世界中のすべてのAndroidおよびiOSデバイスのGoogleマップで利用可能です。まだ見れないよーという方は、スマホで更新チェックしてみてください!


source:Google blog

    あわせて読みたい