iOS版Stadiaファーストルック:いいじゃん!

  • 10,563

  • author Joanna Nelius - Gizmodo US
  • [原文]
  • 山田ちとら
iOS版Stadiaファーストルック:いいじゃん!
Photo: Joanna Nelius/Gizmodo US

クラウドゲーミング界の裾野が一気に広がりそう。

今日からGoogleのクラウドゲーミングサービス「Stadia」がiOSデバイスでもSafari経由でプレイできるようになったよ!と米GizmodoのJoanna Nelius記者から楽しげなレポートが届いています。日本でのStadia提供はまだですが、ますます待ち遠しいですね。

以下、ファーストルックをお届けします。


iOS版はウェブアプリ

スタンドアロン型のAndroid版Stadiaと違い、iOS版StadiaはSafari上で起動するウェブアプリとなっていて、プレイするにはiPhoneやiPadでStadiaのウェブサイトにログインすればOK。StadiaもこれでNvidiaのGeForce Now、AmazonのLuna、Shadowと肩を並べたことになり、Microsoftも負けじとiOS版ウェブアプリを近日公開する予定だそうです。

パフォーマンス設定を変えたり、ゲームを購入したり、コントローラーを接続したりなど、AppleのApp Store内で入手できるStadiaアプリにできることはすべてiOS版ウェブアプリでもできます。そのうえ、iOS 14ならホーム画面にStadiaのショートカットアイコンを追加することもできるので、使用感はスタンドアロンアプリとまったく変わりません

Photo: Joanna Nelius/Gizmodo US
iOSでのショートカットアイコンの作り方。

完ペキなパフォーマンス

私が試しにプレイしてみた『サイバーパンク2077』、『レッド・デッド・リデンプション2』、『GRID』、『Kine』などのゲームは、すべてSafari上でプレイしていることを忘れちゃうぐらいスムーズでした。ただ、うっかり指が画面に触れてしまってブラウザのアドレスバーが現れ、画面上部を隠してしまった時はあわてましたけど。どうやったらアドレスバーを消せるのかわからず、とりあえずスマホを縦にしてからまた横向きに倒してみたら直りました。まあ、iOS版Stadiaの全体的に非の打ちどころのないパフォーマンスを考えたら、アドレスバーの出現なんて取るに足らない小さな不都合です。

(ちなみになんですが、『サイバーパンク2077』はiPhone 12でプレイするべきではないかも。UIの文字がめちゃくちゃ細かくて、インベントリに入っているアイテムの名前を確かめたり、地図を確認する時にいちいち顔をスクリーンすれすれまで近づけて目を凝らさなければ読めないレベル)。

コントローラーがつながらない問題

実際プレイしてみてPCと変わらないスムーズなパフォーマンスを見せてくれたiOS版Stadiaですが、コントローラーの接続に関してはまだイラッとくる状況が改善されていません。

Stadiaは今年7月から4G規格のストリーミングサービスを開始しています。それ自体はいいんですが、Stadiaの純正コントローラーは依然として有線接続しなければスマホと通信できません。Bluetooth機能がついているのに、それ経由ではiOSのモバイルデバイスにつながらないんです。

純正コントローラーとiPhoneをWi-Fi接続できたら問題ないんですが、これもできません。GoogleがまだiOSとのワイヤレス互換性に着手していないだけかもしれませんけど、Android、Google ChromeとChromecast UltraではすでにWi-Fi接続が可能になっているだけに、早く展開してほしいところです。

PS4のコントローラーが解決策

ワイヤレス接続ができないとなると、いくつかのオプションがあります。まずは、コントローラーをスマホの充電コードでつなぐこと。または、Google公認のBluetooth接続可能なコントローラーを使うこと。Razer Kishi for iPhoneのような拡張デバイスを購入するのも手ですが、iOS版Stadiaと互換性があるかどうかは不明です(残念ながら手元にRazer Kishiがなかったのでテストできませんでした)。Razer KishiはStadiaの公式サイトでは互換性のあるコントローラーとして記載されていないものの、Android系スマホではいくつもの機種で問題なく使えることがわかっているので、おそらくiPhoneでもだいじょうぶなはずです。

結局、私はPS4のコントローラーをBluetoothでつなげて使うことにしたんですが、まったく問題なく使えてます。ただ、Stadiaの純正コントローラーをつなげるとなると…こちらは正直言って難航しました。スマホ購入時についてきたケーブルで接続してみましたが、単にコントローラーがチャージされるだけで終わりました。ならばと市販のライトニングケーブルでスマホとUSB-Cアダプターをつなげて、そこからコントローラーにつなげてみたんですが、それも失敗。ダメもとでLunaの純正コントローラーをBluetooth経由でStadiaにつなげようとしましたが、認識されずじまいでした。

ということで、PS4かXbox Oneのコントローラーを使うのが今ベストな選択だと思います。これらのコントローラーを持っていない場合は、ちょっと難しくなりそうです。

個人的にはStadiaよりPS4のコントローラーのほうがモバイルデバイスでプレイするのにはいいと感じています。手に収まりやすい小さめのサイズですし、ボタンの位置も純正Stadiaと同じですし。それに、一番大事なのはiOS環境でのStadiaのパフォーマンス。その点に関しては、安定した通信環境さえあれば、あまりスムーズなのでクラウドでプレイしていることを忘れるほどです。iOS版Stadia、ものすごくいい!

    あわせて読みたい