2020年、欲しかったけど買えなかったモノまとめ

  • 23,302

  • author 編集部
2020年、欲しかったけど買えなかったモノまとめ
Image: Yuichiro Chino / ゲッティイメージズ

欲しい...けど!...けど!

2020年、みなさんはどんなものを買いましたか? 毎年思うんですけど、モノを買うのって結構カロリーが必要です。高価なものならなおさら。あれこれ悩んでいるうちに在庫がなくなってしまったり...。もしかしたら買ったものより、欲しくても買えなかったもののほうが多いかもしれません。

ということで、ギズモード編集部&ライターが今年買えなかったものをまとめました。来年こそは、買いたい!

買えないオブジイヤー「PS5」

201203_ps5tips1
Image: Sam Rutherford - Gizmodo US

PS5、どうすれば売ってくれますか? 俺は本当に、ずっと我慢していた! このタイミングでPS4の電源が壊れて修理に出したときも、次々に「PS5買えた〜!」という歓喜がSNSに流れた時も。すごく欲しいけど買えないのを我慢していた!! 俺は長男だから我慢できたけど、次男だったら我慢できなかった

(小暮ひさのり)

PS5が買えない → 『サイバーパンク2077』で最高の体験ができない

201215_cyberpunk2077cloud1
Image: CD Projekt Red

買えなかったわけではないのですが、思ったような体験ができませんでした。

サイバーパンク2077』、まぁPS4向けで開発されてたゲームだし…と甘く見ていたが動作という面ではPS4では全くダメだった。PS5さえ手に入っていればよかったのだけど…御存知の通り発売されていないも同然の状態。ただそれでも、『サイバーパンク2077』はめちゃくちゃに面白く、80時間以上やっているが全然飽きない。たとえグラフィックがPS4では全然ダメでバグが多くても、有り余るほどの魅力を持ったゲーム。来年こそはこのゲームの真の実力を楽しめると期待したい。だからこそ、PS5を売ってくれ。ソニーさん、わかってくださいよ。

(傭兵ペンギン)

思ってたのと違う...「AirPods Max」

DSC04838
Photo: 武者良太

H1搭載のノイキャンオーバーイヤーヘッドホンがすごく欲しくてカートには入れたんですが、6万円でLightningってところがどうしても納得できなくてポチれなかったです。Lightningにする意味…ある?USB-Cじゃ…ダメですか…?なにより、ここまでハイエンドにしなくてもよかったんじゃ…。

(かみやまたくみ)

もっと評価されるべき「TOYOTA MIRAI」

DSC01459
Photo: 金本太郎

僕はTOYOTA MIRAIです。クルマだけどエコ。マッチョだけどサスティナブル。水素電池も自動運転も、すごいテクノロジーと資本力で圧倒的なのに、そのすごさが今イチ伝わっていない。所有して伝道師になりたかったのに、軟弱なフランス車を買ってしまった!

(尾田和実)

買うとしたらバイクどころの騒ぎじゃない「ハーレー LiveWire」

_AP10125
Photo: Harley-Davidson

ハーレーのライブワイヤー(電動バイク)。一軒家で充電環境整えないと無理! クルマ用の駐車場に充電器をそなえたマンションは増えてきているんだけど、引っ越そうかなと思った物件はバイクはアウト。管理組合の許可って時間がかかることが大半なので、本気で電動モノで遊ぶなら、一軒家かガレージハウスじゃないと厳しいのよ...

(武者良太)

生殺し状態「Surface Duo」

200917_surfaceduorev2
Image: Sam Rutherford - Gizmodo US

発表ライブでド肝を抜かれてから、私の「つぎに買うスマホリスト」のトップにず~っと君臨していたSurface Duo。SoCが1世代古くても、動作が多少バギーでも、おサイフなどの日本ローカルに対応していなくても。エレガントな佇まいとスマートなデュアルディスプレイを手にしたい!と思っていたのです。米国で先行発売されるのはわかるんですが、先日の提供国拡大にも日本は含まれておらず...iPhone 12 miniを買っちゃいました。

(金本太郎)

芝刈り機かパソコンか「Dell XPS-15」

200515_dellxps17_02
Image: Dell

Dell XPS-15です。

いま使っているラップトップ(HPのPavilion)はポッドキャストの録音中にファンのキンキン音が入ってしまって、編集で消しても微妙に残る部分がある&とにかく低価格だけが理由で買った低グレードのラップトップをアップグレードしたかったというのが本音です。

なぜ買えなかったのかというと、家の庭の芝刈りに使っている電動芝刈り機は、100フィートのコードを引っ張り回さなきゃいけないタイプなのですが、芝を刈ろうとしてコードを2度も刈ってしまって、コード代が芝刈り機の値段と同じくらいになったので、充電式のコードレスタイプでアクセル機能付きの芝刈り機と、付け替え式のアタッチメントを2つ買ったら、XPSどころじゃなくなっちゃいました。芝刈り機の名前をXPSにして買ったことにしようかな…。

(Kenji P. Miyajima)

喉から手が出るオーバースペック「iPhone 12 Pro」

201023iphonegold_01
Photo: ヤマダユウス型

買えなかった理由はもちろん、高いから。

冷静になって考えてみると、携帯電話に10万円超えってこのご時世じゃ大富豪レベルですよ。

それに、12 Proとか、私にはオーバースペックすぎる。iPhone XSやiPad Proすら使いこなせていないのに。というか、動画とか全然とらないし。

でも、むっちゃくちゃ欲しかったです。自分のスペックと懐れ具合が欲しいガジェットにマッチしないって、辛いですねぇ。

(中川真知子)

ニワトリはガジェットです

20201225_9125-01_h720
Image: witaker / Shutterstock.com

ビル・ゲイツも勧めている錬金術ができるガジェット「ニワトリ」を飼いたかったんですが、買えませんでした。

結構本格的に買おう(飼おう)としていて、庭のどの位置に飼育小屋を設置するか、隣近所への挨拶はどうするか、何羽飼育するかを父と相談していました。でも、名古屋コーチンが欲しい父と、チャボが欲しい私の間で意見が割れたのと、住宅街でニワトリを飼育するのはハードルが高いかもしれないという現実問題により、(一時的に)断念。とりあえず、幼なじみが有精卵をふたつ孵化させたので、そのニワトリたちの成長と早朝の雄叫び具合を見守ってから、考えても遅くないかな、と。

(中川真知子)

今あえて「電子辞書」

81id7eP9Y6L._AC_SL1500_
Image: CASIO / Amazon

できるだけものを増やしたくないので、調べ物はiPhoneやiPadを使えば良いと思ってました。でもネットだと、膨大な情報の海の中から正しいものをピックアップするのが大変なんですよね。

そこで辞書の情報に簡単アクセスできるプロ用電子辞書を買おうと思ったんですが…、結構値が張るんですよ。しかも、私には電子辞書をやめて紙に戻したという前科があるので、5万超えをドブに捨てるかもしれないという恐怖もある。イマイチ自分を信じきれないので、5万の投資に躊躇する。コロナの一時給付金を電子辞書にあてればよかった。あのお金で伊達眼鏡買っちゃったんだよなぁ。

(中川真知子)

買わせてください「EOS R6」

20200709gizmodo_eosr5-r6_IMG_3219
Photo: ささきたかし

ボディの中古がまったく出回る気配ない...。もう新品で買ってやろうかと思ったけど新品のボディ単体も出回らない...。

(ワタナベロク)

半年後...「iPhone 12 mini」

201106minibest_01
Photo: ヤマダユウス型

ずっと使っていたiPhone SE(第一世代)の、かくかくしてちっこいところが大好きでした。

安さに惹かれてiPhone SE(第二世代)を購入しましたが、その半年後にiPhone 12 miniを手にしたギズメンバーを見て、何度SEを手放そうと考えたことか。

でも、自分の意志を貫くことにしました。SEの精神を引き受ける覚悟。

(トダサチコ)

ゆっくり最高峰に辿り着きたい。「HHKB Professional HYBRID Type-S 」

191210HHKB-07
Photo: 三浦一紀

ハッピーハッキングキーボード(HHKB)Professional HYBRID Type-Sに恋をして、告白すらできずに遠くから熱いまなざしを送っています。要は、欲しかったけど買えなかったのね。

今年に入ってMacBook Pro 2019を手に入れたものの、バタフライキーボードの扱いにくさに辟易して、HHKBのLite 2 for Macキーボードを買い足しました。私なりにすごく満足してたんですが、ステイホーム中の家族には打鍵音がうるさいと不評で…。そんなある日、ギズ編集部内で作業していると、ふとコロコロとした心地よい打鍵音が耳に飛びこんできました。見れば墨色のかっちょいいType-Sで尊師スタイルをキメてる人々が。気になって仕方がな~いっ! 聞くとやれ至高のキータッチだの持ち運びが楽だのと魅力的なことばかり吹き込まれて、気づけばType-Sに首ったけ。そこにProfessional HYBRIDのレビュー記事を翻訳させていただく機会に恵まれ、ますます憧れが募るばかりでした。

Amazonセールのたびに毎回狙ってましたが、いきなり最高峰を買うのにためらいを感じたのも正直なところ。悩んだあげく、ちょっと妥協して旧モデルのProfessional 2を買いました。今もこの文章をProfessional 2を使って書きながら、Lite 2とは違う満足感を味わっています。Type-Sは今でももちろん欲しいけど、まだ手が届かない存在。徐々にステップアップしていって、いつか至高のType-Sにふさわしい仕事をできるようになったら正々堂々とアタックします!

(山田ちとら)

ポチりはしました。「AKAI ( アカイ ) / MPC LIVE 2」

200520mpclive2_01
Image: AKAI professional

「よーし、この給付金10万円で買っちゃうぞー!ポチィー!」→「いつの間にか入荷未定になってるじゃん。まぁしばらくしたら届くっしょ〜」→(2ヶ月後)「いやまだ未定なんだが」と、待てど暮らせど入荷の気配がなく、なんなら12月現在もSoundHouseでは入荷未定となっている「MPC LIVE 2」。もはや僕にとってのPS5のごときポジですよ。でもでも、限定カラーの「MPC Live II Retro」が発表されたからそっちにするんだい。実質、俺はまだ給付金を使っていないのだ。

(ヤマダユウス型)

「Apple Watch用バンド」が決まりません

20201225_3201-01_h720
Image: Apple

今年はApple Watch Series 6の購入を見送る代わりに、同時に発売されたApple純正のバンドを買おうと思い、「レザーリンク」か「ソロループ」で迷っていたらあっという間に年末に…。

くよくよ悩んでいるうちにまた新しいバンドが登場してしまう気もするので、その前にはどちらを買うのか決められたらと思います。

(はらいさん)

    あわせて読みたい