SF映画に出てくる「ホログラフ」じゃん。Looking Glass Portraitが販売スタート

  • 14,374

  • author 金本太郎
SF映画に出てくる「ホログラフ」じゃん。Looking Glass Portraitが販売スタート
Image: Alban (Sketchfab)

未来をのぞける小窓じゃん。

SF作品の小道具としてたまに見る、「3Dホログラフ映像ディスプレイ」。平面じゃなくて立体で映像を表示するので、1つのイメージで前からも横からも下からも見られる…。そんなディスプレイが、僕たちにも買えるようになりました。

3Dメガネレス、みんなで見られる3Dホロ画像

lookinggrass
展示されていたLooking Glass Portrait。500mlペットボトルと比べたらこれくらいのサイズ。
Photo: ギズモード・ジャパン

今回登場したのは、Looking Glass Portrait(ルッキンググラスポートレート)。2018年にクリエイター向けに発売された「The Looking Glass」の一般ユーザー向けな製品ですね。

一般向けとしてコンパクトになり、分厚い写真立てくらいのサイズにおさまっています。画面サイズは7.9インチ、アスペクト比は「4:3:2」。最後の「:2」は何かっていうと、奥行きです。このぶんだけ立体的に表示できるってわけですね。

58ºViewCone
Image: 58º View Cone

実際にデモ機を見てみましたが、たしかに立体に見えますし、なんなら2年前に見た「The Looking Glass」より映像がシャープになっている感じもあります。ただ、スマホの高精細ディスプレイに慣れた目には、ホワッとにじんで見えますね。解像度は2048×1536ピクセルと十分に精細なので、これは3Dディスプレイの味と思ったほうがよさそう。視野角は左右45度ずつくらいかな...真横からのぞいても映像は見えません。

録画したホロムービーやホロフォトを見るだけなら、Looking Glass Portrait本体だけでOK。リアルタイムで動くCGキャラクターを表示したいのなら、PCにつなぐ必要があります。

3D映像を作る方法はもうみんな持ってる

iPhonePortraitMode_LKGPortrait
Video: LKG Portrait

「3Dが見れるったって、その3D映像はどこにあるのよ?」という話もありそうですが、いまはもうスマホで3D映像が撮れちゃうんですよね。ほら、「ポートレートモード」とかで撮った写真です。

あれは奥行き情報をボケという形で見せていますが、Looking Glass Portraitなら奥行きをそのまま奥行きとして表示できる。たとえば、アルバムの写真をデジタルフォトフレームで見ているご家庭もあると思うんですが、フォトフレームをこれに変えたら、思い出の写真がまるっと3Dで楽しめてしまう...!

iPhone 12 Pro やiPad Proなど、LiDERセンサーを搭載しているスマホならより精度の高い3Dイメージを作り出せますし、写真でなくてもアーティストの3D作品をダウンロードして、楽しむすることもできるそうです。

個人的にはAIアシスタントのキャラクターを表示したい。AmazonやGoogleと組んでくんないかな。

Looking Glass Portraitの価格は349ドル。Kickstarterのアーリーバード特典(早期割引)なら、199ドル~249ドルで手に入ります。ハイエンドなデジタルフォトフレームだと思えばアリかも。

Source: Looking Glass Factory

Looking Glass Portrait ほしい?

  • 0
  • 0
Looking Glass Factory

シェアする

    あわせて読みたい