M1対応Premiere Proのパブリックベータがきた。パフォーマンスすごい!

  • 15,273

  • author 塚本直樹
M1対応Premiere Proのパブリックベータがきた。パフォーマンスすごい!
Image: Adobe

正式版は来年前半に登場ですって!

Apple(アップル)のM1チップ(Apple Silicon)への対応がたぶんもっとも待ち望まれていたであろう、Premiere Pro/Premiere Rush/Audition。これらのM1対応パブリックベータがとうとう登場しました!

Image: Adobe

M1対応で一番気になるのは、パフォーマンスの向上でしょう。例えばPremiere ProでYouTube向けに動画をエンコードすると、かかる時間は16インチインテル版MacBook Pro<13インチM1版MacBook Pro<<<<13インチインテル版MacBook Proという結果に。おお、やっぱりM1スゴイぞ!

なお、M1にネイティブ対応するPremiere Pro、Audition、Premiere Rushは2021年前半に提供される予定です。さらに、After EffectsとCharacter Animator Apple M1のM1ネイティブ対応も2021年から始まります。

パブリックベータ版のPremiere Pro、Premiere Rush、AuditionはCreative Cloud Desktopアプリケーションから直接インストールできます。Premiere Proではプロジェクトファイルのアップデートが必要となっており、ベータ版なのであくまでも自己責任ですが、M1のパフォーマンスを体験できるチャンスです!

Source: Adobe

    あわせて読みたい