知ってた? マグネシウムで洗濯すると消臭も除菌もできて、環境にも優しいんですって

  • 11,676

  • Mugendai
  • author 渡邊徹則
知ってた? マグネシウムで洗濯すると消臭も除菌もできて、環境にも優しいんですって
Image: Mugendai(無限大)

「あ、マグネシウム切らしちゃった」が日常になるかも。

洗濯には洗剤が必要。当たり前の感覚を覆す話題が、IBMのWebメディアMugendai(無限大)で紹介されていました。どうにも洗濯も消臭も除菌も「マグネシウム」が解決するそうなのです。

ひらめきは日常の中に。マグネシウムが汚れを落とす「界面活性効果」とは

マグネシウムの特性を生かして洗濯物をきれいにする「洗たくマグちゃん」を開発したのは、茨城県古河市に本社を構える株式会社宮本製作所。

金属加工の下請けとして長年経営を続けてきた同社でしたが、一念発起し自社商品の開発を開始。自動車部品や熱帯魚用商品など何度か失敗を重ねたものの、意外なきっかけから「洗たくマグちゃん」にたどり着きます。これが大ヒット。

知ってた? マグネシウムで洗濯すると消臭も除菌もできて、環境にも優しいんですって
Image: Mugendai(無限大)

ある日、マグネシウムの削りくずが入ったドラム缶の水で工員が手を洗っているところを目撃した宮本隆社長。その理由を「油がよく落ちるから」だと聞き、早速マグネシウムの粒を入れて洗濯してみたところ、本当に衣類の汚れがよく落ちたのだそう。

マグネシウムが汚れを落とす効果について、宮本さんは「界面活性効果」という言葉を用いて説明しています。

消費者庁の規定で「洗剤」とは「界面活性剤(油と水をなじませる化学物質)を使う洗濯用品」のことを指し、合成洗剤はこれを主原料にしています。

対してマグネシウムは、水と混ざることでできる水酸化マグネシウムの「水酸基」によって、水が弱アルカリ性になる性質を利用。宮本さんいわく、弱アルカリ性の水には元々界面活性効果があるのだそう。

知ってた? マグネシウムで洗濯すると消臭も除菌もできて、環境にも優しいんですって
Image: Mugendai(無限大)

また宮本さんによると、マグネシウムには除菌・消臭の効果もあるとのことで、インタビューでは以下のように語っています。

いやな臭いの原因は、細菌の繁殖にありますが、弱アルカリ性の水では、微生物や細菌は繁殖しづらいのです。人間と共生して生きてきた細菌を殺すのではなく、繁殖しづらい環境にして洗濯を終えるので、部屋干ししても乾くまで菌は繁殖しません。毎日マグちゃんで洗濯をしていれば、洗濯槽・ホースなどにも菌は繁殖しにくいのです。

洗たくマグちゃんの排水にはマグネシウムの他にも、窒素、リン酸、カリウムなどが含まれるため、農業用肥料への応用も可能。きれいになって、環境にもいいなんて。

これまでの常識を覆すマグネシウムの効果。他にも「洗濯排水を集めて中近東に輸出する」といった驚きの新ビジネスなど、続きはMugendai(無限大)よりお楽しみください。

Source: Mugendai(無限大)

    あわせて読みたい