ステッカーになった「MAMORIO FUDA」。ペタっと貼って失くした物を見つけよう!

  • author 岡本玄介
ステッカーになった「MAMORIO FUDA」。ペタっと貼って失くした物を見つけよう!
Image: MAMORIO

どこでも貼れて目立たない!

これまでキーチェーン型だった紛失防止デバイス「MAMORIO」に、何にでもペタっと貼って使えるステッカー型の「MAMORIO FUDA」が仲間入りしました。

「MAMORIO」とは?

従来型の第2世代となった「FUDA」ですが、使い方は以前と同じ。ユーザーが離れると、「財布は手元にありますか?」などの通知がスマホに届き、地図アプリで場所を見つけることも可能。そして他のユーザーとのすれ違いがあったり、MAMORIO Spotがある駅や施設に届くと、MAMORIOサーバーから連絡が届く仕組みになっています。

201201_mamorio2
Image: MAMORIO

こうした機能により、月間で30万個の落とし物の発見が期待できると算出されており、1年間のすれ違い発見数は2万個を超えている、という優秀さ。知らない内に、みんなが協力して、紛失物を探すデバイスなのです。

一箇所に固定できるのは便利

これがペタっと貼れるようになったことで、財布の中でもカバンの中でも、一箇所に留まることができるようになります。それにスマホ用ケースやノートPC、自転車のサドルの裏側、傘の内側など思い付くがまま失くすと困る物に貼っておけますね。

色は白と黒があり、革っぽいケースで紛失防止デバイスにまった見えません。それに2,980円というお手頃価格なのも嬉しいところですね。落とし物をしやすい人は特に、おひとついかがでしょうか?

Source: MAMORIO via MdN DESIGN INTERACTIVE

    あわせて読みたい