MicrosoftもARMベースの独自チップ開発するってホント?爆速Surfaceに期待していいの?

  • 7,069

  • author 塚本直樹
MicrosoftもARMベースの独自チップ開発するってホント?爆速Surfaceに期待していいの?
Photo: Taro Kanamoto

アップルに続き?

Apple(アップル)の独自プロセッサ「Apple Silicon」の衝撃のデビューからまもなく、Microsoft(マイクロソフト)独自プロセッサの開発に取り組んでいるとのニュースが飛び込んできました!

Bloombergの報道によると、マイクロソフトの独自プロセッサはARMアーキテクチャが使用されます。その使用用途はクラウドサービス向けのサーバーコンピューターですが、Surfaceへの導入も模索されているようです。

このように独自プロセッサを採用するメリットは、自社のニーズを満たす製品を望むスケジュールで投入できるようになることにあります。Intel(インテル)頼りだと、どうしてもインテルの製品リリースに影響されてしまいますからね。

またARMアーキテクチャはワットあたりの性能が高いことから、以前よりサーバー用途に採用されてきました。このようなサーバー向けの独自プロセッサとしては、Amazon(アマゾン)の「AWS Graviton」があります。また、単純にアップルのM1チップのように、インテル向けプロセッサより性能が高くなる可能性もあります。

いち消費者としては、やはりARMアーキテクチャの強力なプロセッサを搭載したSurfaceの登場に期待したいところ。Windows 10はすでにARMバージョンがありますし、新プロセッサ投入の準備は十分に整っているのではないでしょうか?

Source: Bloomberg

    あわせて読みたい