サムスンの壁掛け110インチMicro LEDテレビ。これもう窓じゃない?

  • 33,969

  • author 岡本玄介
サムスンの壁掛け110インチMicro LEDテレビ。これもう窓じゃない?
Image: Samsung Newsroom

そこそこ離れないと視野に入らなさそう。

韓国のSamsung(サムスン電子)から、110インチという超巨大なMicro LEDテレビが発表されました。

これはMicro AIプロセッサーにより、4K画質のHDR(ハイダイナミックレンジ)動画が最適化され、明るく鮮やかでリアルな画質を再現します。またMicroLEDは耐久性が高いので、壊れず10万時間、もしくは10年以上も長持ちするのだそうな。

ベゼルは全体の0.1%

ドデカいディスプレイにはベゼルがほとんど見られず、画面と本体の比率は99.9%とのこと。そして画面は自己発光LEDで驚くほどが鮮やか。その性能は、DCI(ハリウッド映画界で標準化に使っているプロファイル「Digital Cinema Initiatives」)とAdobe RGBの色域を100%表現し、ハイエンドのデジタル一眼レフで撮った写真も正確に再現できる、とSamsung Newsroomで説明されています。そのおかげで、以前に使われていたバックライトとカラーフィルターは使われなくなりました。

マルチビュー機能

さすがの110インチを活用するべく、画面は最大55インチで4分割にでき、すべてを同時に視聴することができます。しかも、ただ4つの放送を見るだけではなく、外部機器を接続できるので、画面のどれかで動画配信、またどれかでテレビゲームをプレイするなど、マルチタスクな作業がこなせてしまいます。

201211_samsung
Image: Samsung Newsroom

ダイナミックなオーディオ体験

内部には、5.1チャンネルの音が出せる「Majestic SoundSystem」があり、スピーカーを外付けせずともホームシアターのように迫力のサウンドが楽しめます。加えて、画面上を移動する物体を識別する「Object Tracking Sound Pro」機能が、劇中の動きに合わせた音を再現。たとえば頭の上を飛行機が飛ぶシーンであれば、上からエンジン音が超えていくように感じます。

このテレビは12月10日から韓国で発売開始されますが、その他の地域や価格については言及がありません。しかしこれだけ巨大だと、映画やゲームが一味も二味も違いそうですね。まずはこんなテレビが似合う家に住まねば、です。

Source: Twitter, Samsung Newsroom via engadget

    あわせて読みたい