シンガポールが人工鶏肉の販売に世界で初めてGOを出す

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
シンガポールが人工鶏肉の販売に世界で初めてGOを出す
Image: Eat Just

味はどんな感じか、シンガポールからの報告待ってます!

世界で最初に認可されたラボで培養された鶏肉が、シンガポールでEat Justという会社から販売開始されます。まずはレストランへの販売、その後一般の消費者も購入できるようになっていくとのこと。

どーやって作ってるの?

今回の鶏肉がすでにサービスを開始しているJust Egg(緑豆でできた代替卵)やJust Mayo(黄色エンドウでできたマヨネーズ)やImpossible Foods社が手がけるインポッシブルバーガーなどのプラントベース製品やと違う点は、ニワトリから採取した細胞株をバイオリアクターでタンパク質、アミノ酸、糖分、ミネラルなどと配合していること。

人工肉についてはたくさんの会社が培養・製造に取り組んでいるところですが、Eat Justの人工鶏肉は「GOOD Meat」というブランド名で製造・販売されるシンガポール食品庁(SFA)から正式に認可を受けた最初の製品となります。

Eat Justは、鶏肉の培養に必要な細胞株をニワトリを殺すことなく生検で採取していると話していて、また従来の養鶏場からの肉よりも製造過程が大変清潔であるため、抗生物質を培養肉に配合する必要はないとのことです。シンガポール政府から許可を得るまでにに、Eat Justはすでに20回の生産をおこない、製品が安全で一定の品質を保てることを証明したそうです。

高まる人工肉へのニーズ

会社のプレスリリースによるとEast Justの培養肉は、もともとチキンナゲットの材料に使うために開発されたのですが、他の料理にも使えるように準備をしているそうです。認可はされたのですが、いつからレストランで食べられるのかなどは、今のところ発表されていません。

シンガポールは食品を輸入に大きく頼っている国。なので、シンガポールが国内で、しかも都会の真ん中でもラボ内で鶏肉を生産できるようになるというのはシンガポールにとって好都合ですよね。Eat Just取締役のJosh Tetrick氏は「この先アメリカなど他の市場にも培養鶏肉を広げていくつもりではあるが、今のところシンガポールの培養肉に対する規制制度が他国と比べて進んでいる」と話しています。

研究室で育てられた肉を食べることをためらう人も多いかもしれませんが、インポッシブルバーガーやビヨンドミートなどのプラントベース肉市場はどんどん大きくなってきていて、2032年までに人工肉の市場は5億ドル以上になるだろうと言われています。

    あわせて読みたい