イッキに11機! Amazon、コロナパンデミックの中ついに自家用飛行機を買う

  • 6,931

イッキに11機! Amazon、コロナパンデミックの中ついに自家用飛行機を買う
Image: Shutterstock

空飛ぶAmazon。

Amazonが、旅客機11機を購入したことが明らかになりました。もちろん、お客さんを乗せて空を飛ぶわけではなく、貨物用に改造して使用します。世界のAmazonなので何でも持っていると思いきや、実は飛行機を所有するのはこれが初めて。新型コロナウイルス感染拡大の影響で航空業界が苦戦し、飛行機の価格が下落したことがAmazonにとって吉と出ました。ちなみに、11機の購入価格は明らかにされていません。

Amazonが購入したのは、中古のBoeing 767-300。デルタ航空から7機、ウエストジェット航空から4機を購入。ウエストジェットの4機は2021年中にAmazon Airの戦力として始動、デルタからの飛行機は2022年を目処にAmazonのネットワークに組み込まれる予定とのこと。


「自社飛行機購入は次のステップとして自然」

Amazon Air(アマゾン・エア)は、2016年設立のAmazon専用の貨物航空会社。米国、ドイツなど世界中に拠点を増やしており、UPSやFedExなど外部の運送企業に頼らない物流を目的に拡大しています。今までは、すべてリース機材で行なっていましたが、今回イッキに11機も自社飛行機を保有することに。とはいえ、引き続きリース飛行機も併用していく考え。

Amazonはプレスリリースにてこう語っています。「我々のゴールは、全米のお客様に、お客様がAmazonに期待する方法で商品を届け続けることです。そのために、自社飛行機購入は次のステップとして自然なものと考えます」「リース機と自社の飛行機のどちらも所有することで、より適切に運行管理ができ、ひいてはよりお客様のニーズに応えることができます」

機体の外側のデザインどうなるのかな。見たいなぁ。お披露目してほしいですね。


Source: Amazon

    あわせて読みたい