30秒で計測完了。本日解禁Apple Watchの「心電図」、こう測ります

  • 19,966

  • author 小暮ひさのり
30秒で計測完了。本日解禁Apple Watchの「心電図」、こう測ります
Image: Apple

意外と簡単でしたよ!

Apple Watchの「心電図」機能。Apple Watch Series 4から搭載されていましたが、本日リリースされたwatchOS 7.3&iOS 14.4で、ついに日本でも機能解禁となりました。Apple(アップル)公式の手順ページはこちら

Apple Watch Series4以降で対応。OSのアップデート必須

対象はデジタルクラウンに電極が内蔵されている、Apple Watch Series 4、5、6となります。Watch SEは非対応なので要注意です。watchOSは最新の7.3が必要。また、iOSも最新のiOS14.4を求められたので、両方をアップデートしておきましょう。

「ヘルスケア」アプリから機能を有効化

2021-01-27wak01
Photo: 小暮ひさのり

まずはiPhoneの「ヘルスケア」から機能を有効にします。「ヘルスケア」を起動したら「ブラウズ」→「心臓」→「心電図(ECG)」→「設定」とタップして設定を進めます。

設定には生年月日の入力が必須。測定の方法や測定について知っておくべきこと(心臓発作や特定の疾患を検知することはできないなど)が表示されるので熟読しながら進めます。

AppleWatchで心電図を測る

2021-01-27wak02
Photo: 小暮ひさのり

「最初の心電図を取る」画面まで進めたら、Watchでの操作になります。Watchの「心電図」アプリを起動して「OK」をタップ(設定されている方の手首に装着してある必要があります)。

2021-01-27wak00
Photo: 小暮ひさのり

安静にして、机や膝の上に腕を置き、指をデジタルクラウンに当てると心電図の計測が始まります。計測は約30秒かかります。

2021-01-27wak03
Photo: 小暮ひさのり

計測結果はWatchの画面とiPhoneの両方に表示されます。 結果は何ともありませんでした! よかった!

なお問題がなかった場合も、計測後Watch画面に表示される「+症状を追加」から、「動悸がする」「息切れがある」など、症状にチェックを入れておくと、心電図データと共に保存しておくことができます。

2021-01-27wak04
Photo: 小暮ひさのり

計測した心電図は「ヘルスケア」の「ブラウズ」→「心臓」→「心電図(ECG)」から確認できます。心電図はPDF形式で書き出すことができるなど、かなり本格的ですね。健康について調べたいといったときに、自分でデータを確認できるというのは安心感がありますね。

「不規則な心拍の通知」機能も有効に

2021-01-27wak05
Photo: 小暮ひさのり

もうひとつ追加された機能が「不規則な心拍の通知」「ヘルスケア」の「ブラウズ」→「心臓」→「不規則な心拍の通知」から有効にできます。

これは、Apple Watch Series 3以降に内蔵された光学式心拍センサーを利用して、心房細動(AFib)の兆候がないかをチェックする機能。時折心拍リズムのチェックを行ない、不規則な心拍リズムが検出されると通知が届きます。無意識下での異変、不調を事前に知ることができそうなので、こちらもぜひ有効化を。

安全に対する道筋を整備してくれた

今回は新機能の目新しさに釣られて測ってみたんですが、初期設定時に確認する情報は多いものの、予想以上に簡単だなぁ〜といった印象でした。

それでいて、バックグラウンドで心房細動の兆候をチェックしてくれる「不規則な心拍の通知」は本当に便利だし、異常が通知されたら「心電図」で詳しく測れますし、データをPDFにして家族や専門医と相談することもできます。こうして腕に装着するいちガジェットから、安全に対する道筋が整備されたってのがすごい出来事だなと感じましたね。

以前心臓の病気で倒れたことがある父へ、早急にApple Watchをプレゼントしようと思います。

Source: Apple

    あわせて読みたい