『サイバーパンク2077』の安定性が向上する「パッチ1.1」が配信。早速試してみたが…

  • 23,879

  • author 傭兵ペンギン
『サイバーパンク2077』の安定性が向上する「パッチ1.1」が配信。早速試してみたが…
Image: Cyberpunk 2077

課題はまだまだたくさん…。

昨年最大の話題作となったRPG『サイバーパンク2077』。その安定性を改善し、バグを修正するパッチ1.1がリリースされました。

同作は発売当初から高い評価を獲得しながらも、リリース当初はかなり不安定でバグも多く、執筆現在もPlayStation Storeから取り下げられているという状況。筆者は発売からしばらくPlaystation 4で70~80時間ほど全力で遊びましたが、そのうち体感で1/5くらいはクラッシュや進行不可な状況で巻き戻しを強いられました。

ただ、発売から1週間ほどでリリースされた「ホットフィックス1.05」と「1.06」で、クラッシュしまくる問題に関してはだいぶ改善されました。一方バグに関しても、セーブデータが破損する問題などは改善されましたが、まだまだバグは山積みといった状態でした。

Video: Cyberpunk 2077/YouTube

そして開発会社のCD PROJEKT RED共同創設者で共同最高経営責任者であるマーチン・イウィンスキがこの品質の問題に関して謝罪し、今後の取り組みについて説明する動画を公開しました。ここまでになるのはゲーム業界的にもなかなか異例の対応でしょう。個人的には誠意がある対応だと思います。

そんななか登場したパッチ1.1の具体的な変更内容はこちらにある通り。安定性の改善に加え、結構な頻度でおかしなことが起こるホロコール周りのバグが修正された様子。また、PlayStation 4 ProとPlayStation 5で街をゆく群衆がかなり少なめだったのが改善されたとのこと。

プレステ4では特に変化なし

早速、PlayStation 4(非Pro)で試してみましたが、そもそも安定はしていたので、数時間遊んでみた限りでは感じられるほどの変化はなし。クラッシュは起こりませんでしたが、もうちょっと遊んでみないとわからないところ。また、PlayStation 4(非Pro)では群衆の変化などもなかったので見えるものも変わらず。

しかし、どうやら進行不可バグが新たに発生。すでに回避策が公式から提示されてはいるものの、その修正自体はしばらく先になりそうです。

ともかく、最初から比べればだいぶマシになったというのが正直な感想。ゲームとしては世界観、デザイン、ストーリーがとにかく素晴らしく、とりあえず問題はあれどしっかり遊べるレベルにはなったと思うので、(PlayStation Storeではまだ買えないけど)まだやってないという人にはぜひ遊んで欲しいところ。バグはあるけど夢中になる魅力があるんですよ。

課題はPlayStation 5などの供給不足

『サイバーパンク2077』には残された課題がたくさんありますが、PlayStation 5やXbox Series X/Series Sがまだまだ流通が少なく、なかなか手に入らないというところも不満点を大きくしているところではないでしょうか。そもそも前世代機向けに開発されたゲームのはずだったのですが、出来上がったものは前世代機ではパワー不足なのは明らか。

『サイバーパンク2077』のバグが改善されていくのに加え、PlayStation 5とXbox Series X/Series Sの入手難なところも改善に期待したい…各メーカーはそこのところ、よろしくおねがいします! せめて現世代機向けのグラフィック向上パッチがくるころには普通に手に入るようにして欲しい!

Source: Cyberpunk 2077

    あわせて読みたい