空港でメディアアート。仕掛け人、MUTEK.JPと文化庁が関わって見えてきたこと

  • author 照沼健太
空港でメディアアート。仕掛け人、MUTEK.JPと文化庁が関わって見えてきたこと
Photo: MUTEK.JP

※この記事の取材・インタビュー・執筆は、2020年4月7日の緊急事態宣言発令前に行われました。緊急事態宣言と前後して、帰国者の受け入れなども制限されてきた中、やむなく掲載を保留してきましたが、さまざまなアートやクリエイティブの「発表の場」が奪われ、テクノロジーによる打開策が求められている昨今の状況や、今後のモビリティの未来に対する懸念などをふまえ、いま掲載することにこそ意義があると考え、公開することといたしました。(ギズモード編集長 尾田和実)

先日紹介した羽田空港の国際線ターミナルで行われたデジタルアート展「ETERNAL 〜千秒の清寂」

無数のレーザービームが異次元のような空間を作り出し国内外で話題となったこのデジタルアート展は、文化庁が主導して全国の空港で開催した「空港等におけるメディア芸術日本文化発信事業」の一環でした。

そのクリエイティブディレクションを務めたのは、国際的に名高い芸術文化活動を行う組織MUTEKの日本支部である「MUTEK.JP」。

文化庁 文化戦略官 所昌弘さんと、文化庁 参事官補佐の井野哲也さん、そしてMUTEK.JP 理事の竹川潤一さんに、“空港美術館”とでも呼ぶべき、この取り組みについて伺いました。

文化庁とMUTEK.JPがタッグを組んだ理由

kuko004
文化庁 文化戦略官 所昌弘さん (左)、MUTEK.JP 理事 竹川潤一さん(右)
Photo: 照沼健太

──文化庁とMUTEK.JPは意外な繋がりという印象がありますが、もともと関係はあったのでしょうか?

MUTEK.JP 理事 竹川潤一(以下、竹川):はじめてご一緒したのは2年前でした。第21回文化庁メディア芸術祭受賞作品展の開催に際して、文化庁さんから「オープニングでライブイベントをやりたい」という相談をいただいたんです。MUTEK.JPとしても、デジタルアートを扱ったライブアクションは専門分野でしたので「ぜひやりましょう」とお返事し、2週間くらいの特急で文化庁メディア芸術祭の歴代受賞アーティストやMUTEK.JP参加アーティストなどがライブパフォーマンスを行うイベントを作りました。

竹川:最初にお話をいただいたとき、僕らはMUTEK.JPとメディア芸術祭は全然違うものだと思っていたんです。言ってみればメディア芸術祭は歴史があるイベントでまさに“一軍”。それに対し、MUTEK.JPはそことは違う立ち位置を持っている全くの別物という感じですね。ですので、当初はうまく繋がれるかは半信半疑だったんです。でもイベントを作るにあたりメディア芸術祭がどんなものかを徹底的に調べたところ、メディア芸術の中に我々との共通点を多く見つけられ、実際にやってみたらしっかりフィットしたんです。印象的だったのは、イベント後にメディア芸術祭のお客さんとMUTEK.JPのお客さんが混じり合って、会話が生まれていたことでした。MUTEK.JPとメディア芸術祭がうまくミックスして化学反応ができた瞬間だと感じましたね。

文化庁 文化戦略官 所昌弘(以下、所):メディア芸術祭は平成9年度から始まったのですが、基本的には“作品展”であって、その年の応募作品の中から良い作品を集めて顕彰するという枠組みのイベントなんです。そこで歴史を積み重ねてきたわけですが、良くも悪くもそこだけの広がりでしかなかったという部分もありました。そんな状況の中、MUTEK.JPとコラボして関連事業を作っていくことによって、それぞれのお客さんが相互作用を生んで、メディア芸術にさらなる広がりが出るんじゃないかと考えています。

──文化庁が今回、羽田空港でのデジタルアート展をMUTEK.JPに依頼したポイントは?

文化庁 参事官補佐 伊野哲也(以下、伊野):羽田空港は日本の各地域にも、世界にもつながる、日本の中心的な空港です。そのため“空港美術館”の取り組みについても、波及効果を含め羽田空港が一つの中心となっていくだろうと考えていました。そんな場所でメディアアートと地域の伝統を組み合わせた表現ができるのはMUTEK.JPだろうと考えてお願いすることになりました。

ネジ1個までチェック。前代未聞“空港でアート展”の裏側

83880573_184668846244309_4184647766762323968_n
羽田空港の国際線ターミナルで行われたデジタルアート展「ETERNAL 〜千秒の清寂」
Photo: MUTEK.JP

──実際に空港でアート展をやってみていかがでしたか?

伊野:空港というのは商業ベースで考えている施設なので、基本的に文化活用の感覚がないのが当初は大変でした。そして展示スペースとして活用する際に大変なのは、電源負荷や工事の制限などの規制が強いということでした。

竹川:僕らがやった羽田空港だけスモークを使ったんですけど、施工前日に「羽田空港は一切スモークを使ってはいけない」ということが判明したんです。煙探知機や熱探知機のアラートが鳴ると空港全部が止まってしまうという話で。

──そこまで厳しいんですね!

竹川:でもスモークを使わないでレーザーで鳥居を作るのは難しいので、羽田空港を管轄している東京消防庁にすぐに事情を説明しに行きました。「文化庁さんがやる、歴史に残る事業なんです」と説明して(笑)。それで彼らの協力を得て、なんとかできるようになりました。

IMG_4200
会場設営の様子
Photo: MUTEK.JP

──MUTEK.JPの行動力もすごいですが、それに加えて文化庁パワーが効いたわけですね(笑)。

竹川:それをきっかけに羽田空港と消防庁の協力体制も、より結束が生まれたそうですよ。

伊野:とにかく、空港を使うにあたってはすごい労力が必要でしたよね。鉛筆一本、ネジ一個を空港に入れるにしても一つ一つ数をチェックしますし、出る時も設営のどこに使ったのかを申告しないといけないですから。

所:展示場所が、制限区域内の空港もあったので。

伊野:ですので、僕らだけじゃなく空港側の負担も大きいんですよ。そもそも、今回のようなデジタルアートだと、やる前に口で説明してもどんなことができるのかイメージできないですからね。

竹川:作っている側も、実際にやってみないとわからない部分もありますし(笑)。

伊野:たくさんの制限がある空間で、みんなが手探りで誰も考えたことがないことをやるっていう、そこで生まれる面白さはありました。実際にやってみると空港の方々もすごく乗り気になっていって、途中から「他の空港はどんなことをやるんですか?」と連帯意識のようなものが確かに生まれていました。当初は嫌がる空港も出てくるだろうと心配していたのですが、やはりやってみてよかったと思っています。文化はいろんな人やものを繋げる役割を持っているんだとあらためて感じました。

竹川:0と1で構成されるデジタルの一様性の中に、思想や概念として多様性を入れていく。それがデジタルアートだと思うんです。今回「これはダメ」「あれもダメ」というルールがある中で、多様性を持てたのは、やっぱり一緒に取り組んだのが“文化”だからだと感じます。これが純粋な経済活動なら一様に「ダメ」とされていたものが、今回の空港美術館では「文化だから」という理由で、それを乗り越えられた。そんな実感がありますね。

文化庁の仕事は“創る場所”を作ること

IMG_4258のコピー3
設営時、無数に並べられたレーザー
Photo: MUTEK.JP

──今回の“空港美術館”の取り組みからは、これまで行政や商業が中心だった場所に文化を促すという文化庁の仕事が見えてくる気がします。

伊野:まさにそれが我々の仕事ですね。大切なのは“創る場所”を作ることだと思っています。これまでメディア芸術祭を通して歴史を積み上げてきて、日本の若いアーティストさんたちや、それを支える世代のアーティストさんたちが育ってきています。ここでしっかりやれば、次の万博に向けても面白いものがいっぱいできてくるはずです。そうした状況の中でも、新しい挑戦をしてもらう場として、空港は私たちの考えと合致したと感じています。

──こうした“空港美術館”の取り組みを見て、文化庁と組んでみたいというアーティストや団体の方も出てくると思うのですが、文化庁として一緒にやれるパートナーを選ぶ基準などはあるのでしょうか?

伊野:重視しているのは、社会全体の中でその表現や取り組みがどんな影響を与えるかまで考えているかどうかです。そうした社会的な感覚がないと、文化を通して共に未来を目指すところまではいけないと感じています。皆さんが集まって、そうした活動ができる場を作るのが我々の仕事ですので、そこがつながるのであれば喜んでやりたいと考えています。

2020年度は、全国7空港及び東京国際クルーズターミナルにおいて実施予定であり、展示開始に先駆け、2021年1月20日には特設Webサイトがオープンしています。

オンラインでの作品展示のほか、制作に至るまでのリサーチの様子や制作のプロセスを伝えるコンテンツを通じて、日本文化の魅力を紹介していくとのことなので、ぜひこちらも併せてチェックしてみてください。


    あわせて読みたい