iPhone 13(仮)にはiPhone 12で欲しかった機能がてんこ盛り?

  • 74,931

  • author 塚本直樹
iPhone 13(仮)にはiPhone 12で欲しかった機能がてんこ盛り?
Image: photopia90/Shutterstock.com

よりヌルサクに?

Androidスマートフォン、とくにゲーミングモデルでは120Hz駆動ディスプレイの採用が広まっています。ディスプレイが120Hz駆動になることで、表示は滑らかになり、タッチ操作へのレスポンスも向上、より快適に使えるようになりますし、ゲームもプレイしやすくなります。でも、iPhone 12シリーズのディスプレイは60Hz駆動。そこで期待が高まっているのが、iPhone 13(仮、2021年に発表されるiPhone)への120Hz駆動ディスプレイの搭載です。以前からが流れてはいましたが、少し踏み込んだ情報が出てきました。

韓国ニュースサイトのTheElecによると、サムスンはLTPO方式の有機ELディスプレイをiPhone 13(仮)のProモデルへと独占的に供給する、とのこと。そして、120Hz駆動をサポートするとも。このLTPO方式では、消費電力の削減も期待できます。例えばApple WatchのSeries 5とSeries 6にもLTPO方式のディスプレイが採用されており、常時ONディスプレイを実現しましたね。

さらにPatently Appleは、アップルが5Gのミリ波アンテナに関するサプライヤーを追加したことを報じています。昨年のiPhone 12ではアメリカモデルしか高速なミリ波5Gに対応していませんでしたが、iPhone 13(仮)では日本仕様を含む多くのモデルがミリ波5Gに対応する…かもしれません。

iPhone 12で期待されていたものの、実現しなかった120Hz駆動ディスプレイやミリ波5G通信。しかしiPhone 13(仮)では、そのような不満が一挙に解決されているかもしれませんよ!

Source: TheElec via MacRumors, Patently Apple via 9to5Mac

    あわせて読みたい