オランダの公道を走る3輪EV「LEF」。自転車でも自動車でもない第3の乗り物

  • 16,283

  • author 岡本玄介
オランダの公道を走る3輪EV「LEF」。自転車でも自動車でもない第3の乗り物
Image: LEF

F1カーやジェット機のコックピットぽさもある。

ティアドロップ型のボディーに乗り込み、ハンドルを手前に引き出しキャノピーを閉じれば発進する、一人乗りの電動3輪車「LEF」…という移動手段が、オランダで作られています。これは現地の公道で運転ができる、自転車でも自動車でもない第3の乗り物なのです。

Video: LEF Elektrisch/YouTube

ボディーはリサイクル可能なポリエチレン製で、7色のカラバリがあります。

オランダでは16歳になれば免許不要で乗れる

消費電力は1kmの距離につき15W/hで、最高時速は25km。原チャリより遅く、現地では制限速度50kmまでの車道と、自転車道を走ることが許可されています。それとバッテリーは選択肢が3つあり、30kmの距離が走れる10Ah、60kmを走る20Ah、そして90kmの30Ahが揃っています。運転には保険の加入が必要ですが、オランダでは免許不要16歳から乗れるのだそうな。

210121_lef2
Image: LEF

ちょっとしたお出かけにちょうど良い

「LEF」には、走行距離や速度などを確認するLCDディスプレイと、アクセルを踏まずに一定速度で進めるクルーズ・コントロール、USB充電器、それとスマホ用ホルダー、ウインカーを兼ね前後に向けたLEDが標準装備されています。またシートの後ろには、50L分の荷物スペースが空いているので、ここにバックパックや買い物袋などを積めます。自転車のような一人乗りでも、その辺りは自動車っぽいかもしれませんね。

画期的だが安くはない

価格はちょっとお高めで、新車が4,380ユーロ(約54万9,000円)公式サイトでは中古車も販売していて、執筆時には緑色の車体が3,100ユーロ(約38万8,600円)というのもありました。

さすが自転車大国ならではの乗り物って感じですが、新たな移動手段の可能性を感じますね。

Source: YouTube, Twitter via LEF (1, 2) via NEW ATLAS

    あわせて読みたい