ツール・ド・フランスで3度優勝した男が作る、11.7 kgの軽量eバイク

  • 18,739

  • author 岡本玄介
ツール・ド・フランスで3度優勝した男が作る、11.7 kgの軽量eバイク
Image: LeMond Bicycles, Inc

レース用ではなく都市型の移動手段として設計。

伝説の自転車ロードレース選手が、eバイクの会社を立ち上げ、重さがたった11.7 kgの電動アシスト自転車「LeMond Prolog」を発表しました。作ったのは、ツール・ド・フランスで3度の総合優勝を果たしたグレッグ・レモンです。

あらゆるパーツがカーボンファイバー製

この自転車はフロントフォークもステムも、ハンドルバーもリムもシートポストに至るまで、構成パーツのほとんどをカーボンファイバーで作られており、250Wの「Mahle X35 +」後輪ハブモーターやフレーム内に隠されたバッテリーのおかげで、一見するとeバイクにはまったく見えません。ですが、そこがこの自転車の魅力なのでしょうね。

最高時速は32kmで、一番アシストが弱いモードで走ると72kmもの距離を走破するとのこと。ステムの根本付近にあるボタンで、3つのモードを変更することになります。デザインだけでなく、操作もシンプル。

210114_lemond2
Image: LeMond Bicycles, Inc

それと常点式のヘッドライトは500ルーメンで、70ルーメンのテールライトもフレームに埋め込まれていてスッキリ。専用アプリとも連携し、ギアはシマノの油圧式GRX11段階、もしくはデジタル式で的確なギア選択ができるDi2シフトシステムが選べるようになっています。

車体は軽いが、値段は…重い

お値段は、4,500ドル(約46万8,000円)からのスタートというビックリ価格。そこからサドルやペダルや前カゴ、後ろに取り付ける荷台などのオプションを付けると、さらに上乗せされていきます。

カラバリは白と黒と薄いピンクの3色。発送は今年の2月からですが、よほどグレッグ・レモンの大ファンじゃないと、高くて財布の紐が緩まなさそうですね。レース用ならまだしも、都市型の移動用なので、一体どんな人たちが買うのでしょう?

Source: LeMond Bicycles, Inc via electrek, NEW ATLAS
Reference: Wikipedia

    あわせて読みたい