一部M1 Macでスクリーンセーバー関連の不具合報告

  • author 塚本直樹
一部M1 Macでスクリーンセーバー関連の不具合報告
Photo: ギズモード・ジャパン

なにそれこわい。

一部のM1チップ搭載Macユーザーから、スクリーンセーバーが突然起動し、しかも終了しない、との不具合報告が寄せられています。

MacRumrosのフォーラムなどで報告されている、今回の不具合。問題が起きるとマウスポインターでの操作ができなくなるので、MacBookの蓋を閉めるか、電源/Touch IDキーを押すか、Alt + Command + Qをタイプしてスクリーンセーバーを終了させる必要があります。

実はこの問題、macOS Big Surの「Fast User Switching」という機能が原因で発生したものです。これはユーザーがログアウトする必要なく、アカウントの切り替えができる、というもの。現時点での解決策は、同機能をオフにするしかないようです。

もしこの問題が起きたらこちらのフォームなどから不具合を報告して、早めにバグフィックスが配布されることを祈りましょう。

Source: MacRumors

    あわせて読みたい