キャッシュカードはスマホ。動き出した「日本初のデジタルバンク」はこんな感じ

  • 13,324

  • author 武者良太
キャッシュカードはスマホ。動き出した「日本初のデジタルバンク」はこんな感じ
Image: みんなの銀行

アプリは開発中で、デザインはあくまで仮のものとなりますが。

福岡銀行、熊本銀行、十八親和銀行などを有するふくおかフィナンシャルグループが、新たにデジタルバンクみんなの銀行」を設立します。

デジタルバンクとは、フィンテックを駆使したネット銀行のこと。実店舗を持たず、オンラインで預金、決済、融資、資産運用ができる営業形態となります。それってすでに存在するネット銀行となにが違うんだろ?と思うかもしれませんが。

「バーチャル貯蓄預金口座」をいくつも作れるらしい

モックアップ4
バーチャル貯蓄預金口座の画面
Image: みんなの銀行

まず、物理キャッシュカードがありません。お金を出し入れする際は、アプリに表示される番号をセブン銀行ATMに入力し、認証する仕組みとなります。要は、スマホがそのまんまキャッシュカードになる感じ。

また、いくつものバーチャル貯蓄預金口座を作れます。カンタンに預金を移し替えられるみたい。みんなの銀行のサービスは基本すべてアプリ内で完結するようなので、この操作もアプリからできてしまうはず。

m011
Image: みんなの銀行

そのアプリのデザインはシンプルでわかりやすいものを目指すとのこと。思えば既存のネット銀行のアプリは多機能すぎてデザインが煩雑で、使う人のことを考えていないだろうと思えるものが大半でした。そりゃー普段はPayPayとかの電子決済サービス側にお金を移してるから、そっちばっか使うよなあと改めて思った次第。“アプリという支店窓口”のUIUXを現代的にするという試みはいいですね。

デジタルネイティブ世代に向けた新たな銀行のスタイルを模索していくようですが、果たして真価はいかに。どこまでもアプリのデキ次第で評価が変わってくると思います。個人的には「預金額に合わせた貸越サービス/資産運用サービス案内」はちょっと余計なお世話な気がします。シンプルisベストじゃなかったんかい。

Source: みんなの銀行

    あわせて読みたい