空気入ってない! Nendoが開発した組み立て使う「エアレスサッカーボール」

  • 11,808

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
空気入ってない! Nendoが開発した組み立て使う「エアレスサッカーボール」
Image: nendo

サッカーしようぜ!

サッカーは世界中で広く愛されるスポーツ。もちろん、他にも愛されるスポーツはたくさんありますが、ボール1つで始められるというのは、サッカーのアドバンテージかと。まぁ、そんなボール1つも空気が抜けたら終わりなんだけど…。そこで、日本のデザインオフィスnendoが開発したのが、そもそも空気がはいっていないエアレスサッカーボール

スポーツ用品メーカーのモルテンと開発したエアレスサッカーボールは、3種類54個のパーツからできています。ボールの中に空気はありませんが、パーツの素材の反発力を利用することでちゃんとバウンスします。素材に再生ポリプロピレンとエラストマーの合成樹脂を使用したのは反発力だけでなく、素足で蹴っても痛くない、ボールが壊れた時に割れた面が鋭利になりにくい=怪我しにくいという配慮も。

もしボールの一部が壊れたら、そのパーツだけを入れ替えればOKなので、経済的に長く使用できます。また、このボールで遊ぶ世界中の子どもたちが自分たちの手でメンテナンスできるように、説明書は文字なしのイラストのみ。球体ではなく、パーツをバラした状態で梱包できるので輸送コストすらも抑えられるという、何から何まで考えられた作りです。

210119nendo01
Image: nendo

設計自体は非常に難解なのでしょうが、完成パーツは確かにパズルのようで、確かにこれなら小学生くらいならメンテできそうですね。パーツ組み合わせの構造は、日本の伝統的な竹鞠がヒントになったんですって!

動画見てると、組み立てみたくなりますね。

Source: Nendo

    あわせて読みたい