左手一本で家事をこなすサムスンのお手伝いロボがカワイイ #CES2021

  • author 岡本玄介
左手一本で家事をこなすサムスンのお手伝いロボがカワイイ #CES2021
Image: Samsung Newsroom

頭と手首のセンサー類が物体を判断。

これまでAIを載せたロボティクスの開発に力を入れてきたというSamsung(サムスン)が、「CES 2021」にて左手で家事を手伝う「Bot Handy」というロボットを紹介しています。見た目はルンバに縦長の空気清浄機が乗っかり、左側に細いロボットアームが1本あるだけですが…目の表情が豊かで、思わず和んじゃうカワイさなのです。

ではその「Bot Handy」がどんなロボットなのか、18:47辺りからどうぞ。

Video: Samsung/YouTube

掴んで運ぶのが得意

作業に応じて身長が伸びる「Bot Handy」。シンクに溜まった洗い物をAIが判断し、食器のどの部分を掴めば良いか判断。それを食器洗浄機に移動させます。そして散らかった洗濯物はカゴに入れ、食料品を食卓に運んだり、グラスにワインを注ぎ、コップに生花を飾る…なーんてこともやってのけます。

10:35ではプレゼンターのスン社長に水を運んできたのですが、3本の平たい指で人間とコップの受け渡しをするのも楽勝です。

AIが物体の重さや素材を判断

Samsung Newsroomの説明いわく、「Bot Handy」は掴もうとする物体の大きさと形だけでなく、重さもAIが判断するとのこと。そして物体の素材も見分けられるというので、おそらく食器が陶器か金属か、もしくはガラスかプラスチックなのか?なんてことも判断して、適切な力で掴んだり離したりして、決められた収納場所へと運ぶのです。

「Bot」シリーズが続々開発中

「Bot Handy」の足が掃除機だったらイイんじゃない?というツッコミはさておき、彼らは他にもロボット掃除機の「JetBot 90 AI+」や、頭にディスプレイを搭載したパーソナル・アソスタントのロボット「Bot Care」といった「Bot」シリーズも作っており、これからまだまだ仲間が増えそうです。

ちなみに「Bot Handy」は、まだ開発中のため発売は未定なんですって。空気清浄機能など、物を運ぶ以外の家事もできたら、家に欲しいですね。

Source: YouTube, Samsung Newsroom via THE VERGE

    あわせて読みたい