専門家「スマホや5Gの電磁波を中和するステッカーは、意味ないよ」

  • 5,643

  • author Shoshana Wodinsky - Gizmodo US
  • [原文]
  • Rina Fukazu
専門家「スマホや5Gの電磁波を中和するステッカーは、意味ないよ」

科学的根拠はなし。

2020年は多くの奇妙なことがありましたが、いわば「SmartDOTS」もそのひとつ。スマホやラップトップなどの電子機器と磁界を"中和"することができるとして、この丸いステッカーをデバイスに貼ると、夜の寝付きが良くなったり頭痛が減ったり気持ちがスッキリしたりするといった効果が得られるというのがメーカーの謳い文句です。

当然のことながら、最近の研究によればこうした主張は完全に虚偽であることが判明しました。BBCのレポートによると、英サリー大学を拠点とする研究者チームに同様のステッカー5種類をテストするよう依頼したところ、いかなる効果も確認できなかったことがわかりました。

SmartDOTSメーカーがこうしたステッカーが機能すると主張するのには、一般的なスマホが発する電界や磁界、あるいは電磁場(EMF)を"調整"するとされるウェーハのように薄い磁気ディスクを使用しているためとのこと。電磁場と健康への悪影響を関連付ける決定的なエビデンスはないなかで、COVID-19やがんの要因になるという考えを持ち込む人も。

米連邦取引委員会は10年ほど前に、こうした製品は「まったく効果がない」と消費者に警告したことがありました。それにもかかわらず、5Gを取り巻く根拠のない恐怖を食いものにするかのように、電磁場から保護することを謡うルーターケージやUSBスティックを販売するメーカーはなおも存在するようです。

BBCチームは今回の調査で、SmartDOTSに限らずこうした類の製品が放射周波数を"調整"することはないと明らかにしましたが、その一方でメーカー側は「科学者の機器では検出できない"スカラーエネルギー"でプログラムされている」と主張し、これらの製品の完全な効果を評価する唯一の方法は「生物学的試験」だと回答。まだまだ戦いは続きそうです...。

    あわせて読みたい