山崎実業の「ストッカー」で、ついつい増えがちな段ボールがスッキリ片付く!

  • 6,350

  • ROOMIE
  • Buy
  • author 編集部
山崎実業の「ストッカー」で、ついつい増えがちな段ボールがスッキリ片付く!
Photo: 古谷 真知子

ROOMIEからの転載

なんとなく「何かに使うかも」と取っておきがちなアパレルやスイーツのお店のショッパーや、段ボール。気付くと結構な量がたまって大変なことに……。

フリマアプリで売れた小物を発送する時や、友達に何かをお裾分けしたり、サイズアウトした子供服をまとめて送ったり。

2

使うタイミングはあるんですが、さすがにこんなには使わないよね、という量がたまってしまいがちです。

山崎実業がまたやってくれた!

3
山崎実業「段ボールストッカー」2,545円(税込)

そこでゲットしたのが、山崎実業の「段ボールストッカー」

大きさがまちまちで収納しにくい段ボールやショッパーですが、

4

山崎実業の「段ボールストッカー」なら、ゆるいクリップのような形で、大きさがバラバラなものでもスッキリまとめてくれるんです。

組み立ても簡単

5

箱の中には、大きな板状の部品が2枚とキャスター、ビスが入っています。

スパナは入っていますが、ドライバーは入っていないので自宅にあるものを使いました。

まずは、6本のビスをドライバーで締めて本体を組み立てます。

6

しっかりビスを締めたら本体裏側にキャスターを取り付けます。

7

ロックできるキャスターが付いているので、小さなお子さんがいるおうちでも安心ですね。

8

3分ほどで組み立てられました。

足りなくても安定する

9

本体の2枚の板は真っすぐではなく内側に角度があるので、ストッカーの幅いっぱいまでショッパーや段ボールがない状態でも安定する仕組みになっています。

逆にパンパンになるくらい増えてしまっても多少しなるので、柔軟に収納できそうです。

ため過ぎないストッパーにもなる

10

今までは家具のスキマなどにためてしまっていたショッパーや段ボールをですが、「ストッカーに入らない分は処分する」というルールを決めることで、必要量以上をため込まずに済みそうです。

キャスター付で、そのつど都合が良い場所に動かせるのも◎。

11

大掃除の断捨離にも、ぜひお役立てください。

※価格など表示内容は、執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Text, Photo: 古谷 真知子

    あわせて読みたい