ゆらめく灯りに癒される。充電式キャンドルNew Chandelleがキャンペーン開始

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author saori
ゆらめく灯りに癒される。充電式キャンドルNew Chandelleがキャンペーン開始
Image: SOLCION

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

炎のゆらめきってホッと癒されますよね。

ストレスが溜まりやすい今の時期でも、キャンドルを灯すとリラックスした気持ちになりますが、火の始末はちょっと面倒で気を張るもの。

もっと手軽にこの灯りが楽しめたら…という方にぴったりな電池不要の充電式キャンドル「NEW Chandelle(ニューシャンデル)」が姉妹サイトのmachi-yaに登場しました。

おうち時間の癒しタイムにはもちろん、アウトドアや仏壇用として、またいざというときのための防災アイテムとしても重宝するマルチアイテム。

早速詳細をチェックしていきましょう!

LEDでロウソクの炎をリアルに再現

1AE3F6CE-ADD5-4B10-893A-F80BDB84BFD2
Image: SOLCION

「NEW Chandelle」はキャンドル型のフォルムにLEDライトの光を当てて灯し、ロウソクの炎を再現した小型ライト。

斜めになっている場所に灯りを投射することで光を集め、コンパクトな照元ながらも明るさを感じることができます。

9E066382-4BEF-465A-A0EF-AB4A4B13877D
Image: SOLCION

一見するだけでは本物のロウソクと見間違えてしまいそうなくらいリアルです。炎の繊細な揺らぎもしっかりと再現されていますね。

倒れても安心

「NEW Chandelle」は、見た目はリアルでも本物の炎ではないので倒れても安心。小さなお子さまやペットがいるご家庭でも活躍してくれるでしょう。

5EB7B5AD-EC76-4B6C-9213-66A361E6B355
Image: SOLCION

ロウソクを使う時と言えば、実家に帰省した時に仏壇の前で手を合わせる時かもしれません。でも、本当にロウソクの炎をつけてしまうと消し忘れてしまったり、うっかり倒してしまったりで何かの拍子に燃えてしまわないか心配ごとが多いですよね。

「NEW Chandelle」の開発のきっかけとなったのがこの気づきだったとのこと。

現在はなかなか気軽に帰省できる状況ではありませんが、次回訪問する際に実家の御仏壇への手みやげとして持参してみるのも良いかもしれませんね!

1回の充電で10日間使用可能

充電方法はとっても簡単。コンセントに挿すだけで、充電しながらの点灯も可能です。

104F0DB9-0C64-4534-8A8F-E0408E795A27
Image: SOLCION

1回の充電で10日間点灯が可能なので、バッテリーの減りや電池切れなどを心配せずに普段使いできるのも嬉しいポイントです。

便利なオート設定機能

また、「NEW Chandelle」にはオート設定で暗くなると自動で点灯してくれる機能が搭載されています。

玄関のフットライトや寝室など、自動でパッと灯りが欲しい場所にセットしておくと便利な機能かも。

全体もスリムなデザインなので、和洋問わずさまざまなインテリアに馴染んでくれそうです。

D8522371-7D15-40F5-870D-8E7EAD1C9CA7
Image: SOLCION

長時間の点灯が可能なので部屋の電気を消した後、まだ少し灯りがほしい時の常夜灯にもなってくれますよ。

普段はインテリアとして使いつつ、アウトドアや緊急時には目印になる灯りとして使用できるLEDキャンドル「NEW Chandelle」はクラウドファンディングサイトmachi-yaにて、本体価格3,960円(税込)のところ50名限定14%オフの3,406円(送料・税込価格)からオーダー可能となっています。

柔らかな炎のゆらめきを手軽に楽しんでみたい方、詳細は以下のリンクからチェックしてみてください。

>>10日間点灯の充電式キャンドルNew Chandelle (ニューシャンデル)

Source: machi-ya

    あわせて読みたい