Appleのヘッドセット、8K対応で約32万円の超ハイエンド品に?

  • author 塚本直樹
Appleのヘッドセット、8K対応で約32万円の超ハイエンド品に?
Image: The Information

高すぎ…。

最近報道が増えているApple(アップル)のVR/ARヘッドセット。これについて、デュアル8Kディスプレイを搭載し3,000ドル(約32万円)で投入されるという、ちょっと驚きの情報が登場しました。

The Informationによると、このヘッドセットには10個以上のカメラが搭載され手の動きを追跡します。さらに前述の8Kディスプレイだけでなく、先進のアイトラッキング技術も投入されます。

そしてカメラで捉えた映像がヘッドセット内に投影されることで、「MR(複合現実)」的な効果を生み出すそう。本体は洗練されたカーブデザインで顔に当たる部分にはメッシュ素材を採用し、ヘッドバンドは交換が可能です。また、バイザーに物理的なダイヤルを搭載したモデルも存在します。

ヘッドバンドのうち1モデルでは、AirPods Proのような空間オーディオ機能を提供し、また別のモデルは外部バッテリーとしても動作するそう。さらに指に装着するデバイスなど複数の方法でヘッドセットのコントロールが可能だとされています。

最後にAppleのヘッドセットは3,000ドル前後での投入が予定されており、初年度には25万台を販売する予定だとしています…そんなに売れるんですかね?

Appleのヘッドセットについては、以前にBloomberg(ブルームバーグ)が2022年に高価なVRヘッドセット「N301」が登場すると伝えています。正直このヘッドセットを私たちが利用するシーンは思い浮かびませんが、もし報道が事実なら業務用製品として登場しそうな予感です。

Source: The Information via MacRumros

    あわせて読みたい