移動は勤務時間に含まれます! 東急バスの動くシェアオフィスならね

  • author 岡本玄介
移動は勤務時間に含まれます! 東急バスの動くシェアオフィスならね
Image: 東急バス

バスで移動しながらテレワークが実現。

2月16日から、東急バスが「市が尾駅・たまプラーザ駅~渋谷駅・東京駅」を結ぶ路線で仕事をしながら通勤できるサービスを開始します。Wi-Fi接続やUSB充電ができ、Yogibo(ヨギボー)の「Traybo2.0」を膝の上に置いてPCの作業をしながら通勤できるのだとか。

210210_tokyu
Image: 東急バス

このバスは「Satellite Biz Liner」と名付けられ、車内では社会的距離を保つべく間隔を空けて着席します。そして東急が実験中のスマホ用サービス「DENTO」からチケットを買うと、運賃とコーヒーの割り引きサービスがあるとのことです。

発着時刻は時差出勤で

朝の渋谷・東京方面行きは、市が尾駅発が8:45でたまプラーザ駅発が9:05。そして渋谷フクラス到着が10:15で東京駅南口着が10:45と時差出勤向きの時間帯。ですが移動時間に仕事をして、有効活用できるなら何とかなる人もいるかと思います。逆に帰りの便は東京駅南口発が16:25で、渋谷フクラス発が17:05、たまプラーザ駅着が17:35で市が尾駅着が17:55と、早い時間に帰宅できるようになっています。

210210_tokyu2
Image: 東急バス

また運賃は1回利用も定期券も片道千円台ですが、もうひとつある新羽営業所はちょっとお高くなっています。

210210_tokyu3
Image: 東急バス

気になる点はあれどまだ実証運行

時間が合わなくて利用したいけどできない、という人もいるかと思います。他の乗客の打鍵音電話の声はどこまで距離が空いていれば大丈夫か? また、他の駅にも路線を伸ばして欲しい、などなど気になる点はいくつかありますが、まずは実証運行ということなので第一歩ですね。緊急事態宣言が解除された後も、このサービスは定着するでしょうか?

Source: 東急バス

    あわせて読みたい