キヤノンのAI写真管理アプリ、アルバム内で連射した中からベストな1枚を選んで残りは消去を提案

  • 5,351

  • author 岡本玄介
キヤノンのAI写真管理アプリ、アルバム内で連射した中からベストな1枚を選んで残りは消去を提案
Image: Canon USA Corp./Twitter

Googleフォトへのアップロード前にぜひ。

カメラや光学機器のCanon(キヤノン)が、フォトアルバムをAIで整理する賢いアプリ「Photo Culling」をリリースしました。

これは意図的に、もしくは不用意に写真を連射して保存した場合に、そうした写真からベストな1枚を選び、残りはすぐ削除できるようバツ印を表示します。実行はユーザーに一任されるのでご安心を。そうすることで、アルバムがスッキリ整理され残りの容量も増えるのです。

210215_canon2
Image: Canon

AIが判定するのは?

搭載される人工知能は、キヤノンUSAによる「PHIL」というもの。これがグループ化した写真の重複、シャープネス、ノイズ、人の感情、目を閉じているかどうか、という重要な要素を判定します。しきい値レベルを設定し、粗かったりボケている写真も弾くようスコアを付けていきます。ちなみに感情は笑顔を検出するのだと思いますが…大笑いだと目が細くなるので判断が難しそうですね。口角の上がり方や口の開き方がポイントなのでしょうか?

その他の機能は、日付による検索オプション、ダークモード対応、スマホの空き残量の表示もできます。App Storeではすでに無料でリリースされているので、アルバム整理をしたい方々はぜひ。

Source: App Store via Canon via SLASH GEAR

    あわせて読みたい