「ひとめ惚れ」はスペックを超えられる。電動自転車の失敗しない選び方を、ガジェット視点で聞いた

  • 22,460

  • author 山本勇磨
  • かみやまたくみ
「ひとめ惚れ」はスペックを超えられる。電動自転車の失敗しない選び方を、ガジェット視点で聞いた
Image: BESV

後半かなり気持ち悪くなります。ご承知を。

コロナ禍の都心部では、移動手段のひとつとして電動自転車の人気が高まりそうです。密にならずに、中距離をラクに移動できる。免許が要らないなど、惹かれる理由がいくつもあります。そんな、電動自転車に魅力に気づいたギズ編集部の山本は、現在とある電動自転車が気になっています。それが、上の写真の一台。

BESV(ベスビー)の「PSA1」という電動自転車です。オールドスクールな自転車の間逆をいくフォルムで、バッテリーも目立たないサイズでひとめ惚れ。かろうじて知っていた高級電動自転車の定番「VanMoof」とも違うスポーティさがあります。

……しかし、初めて買う電動自転車としてどうでしょうこれは? なんか形がカッコ良すぎて逆に怖い。そして、20万円というハードル…。

そんな不安を編集部に話したところ「ふむふむ」と手を差し伸べてくれたのが、ギズモード随一の自転車愛好家の編集部員・神山氏です。神山氏は、5万円の予算で自転車を買おうとしていた人に、15万円の自転車を買わせる手腕を持つやばい(褒め言葉)チャリンコ・コーディネーターなのですが、そんな彼に電動自転車を購入する前に知っておいたほうが良いことや、失敗しない選び方をチャットで聞きました。

そのやりとりを再編集してお届けします。

聞きたいこと①:車輪の小さい自転車でも大丈夫?

210121_e_bike_kamiyama_2

いきなりですけど、神山さん「Luup(ループ)」って知ってますか?

210121_e_bike_kamiyama_1

見たことありますね。自転車乗ってるときに目撃したので乗ったことはないです。

210121_e_bike_kamiyama_2

あれめっちゃいいんですよね。この前、渋谷と中目黒で移動があって試しに使ってみたんですけど、すごいラクで。それがきっかけで電動自転車欲しくなったんですよね。自分で買うならLuupと同じような車輪が小さいものが欲しいと思ってるんですが、小さい車輪の自転車ってどうなんですか?

Luup(ループ)

210121_e_bike_kamiyama_3
Photo: 山本勇磨

2020年に登場したマイクロモビリティのシェアリングサービス。他のシェアサイクルと比べて、自転車の車輪が小さいことが特徴。「なんかお洒落だから」という理由で山本がよく使っている。


210121_e_bike_kamiyama_1

小さい車輪は、漕ぎ出しが軽くて小回りが効く、っていうメリットがあります。頻繁に停車したり低速走行しないといけない都市部では有利です。ただし、同じ距離を走る場合、総じて大きい車輪より遅く、疲れます。

210121_e_bike_kamiyama_2

へぇ、そうなんですね。それって電動自転車でも同じですか?

210121_e_bike_kamiyama_1

電動だとそこまで気にはならないと思います。電動化のメリットが大きいのは大きい車輪の自転車ですね。漕ぎ出しを電動ユニットが軽くしてくれて、大きい車輪のデメリットが消える感じです。

車輪の大小で電動化のメリットの差はありますが、まぁでも、タウンユースだとどっちでも大差ないですよ。

聞きたいこと②:電動と非電動どっちが楽しいの?

210121_e_bike_kamiyama_2

そもそもですが、神山さんは人におすすめするなら電動自転車と普通の自転車どっちが良いと思いますか? もう、個人的にはラクをしたいので電動自転車っていう脳になってるんですが、「自転車も自転車で楽しそうかも」っていう気持ちもあり…。

210121_e_bike_kamiyama_1

なるほど。 ぼくが人におすすめするのは基本、電動ですラクだから。 この記事にちょっと書いてますが、自転車って坂がラクでそこそこ速く走れたら十分なんですよ。ふつうは。

VanMoof X3レビュー:あまりに快適、独創的。世界初の「オートマ電チャリ」

すごすぎてびっくりしちゃった…。2020年4月21日、オランダの電動自転車メーカー「VanMoof」が新モデル2種を発表しました。今回はそのうちの...

https://www.gizmodo.jp/2020/04/vanmoof-x3.html

ただ、「坂がラクでなくていい」「そこそこ速くじゃ足りねぇ」となったら、非電動になってきます。あと「予算的に10万超えるときつい」となると非電動になりますね。

210121_e_bike_kamiyama_2

個人的には、ある程度の速度と、取り回しのしやすさを満たしたら、あとは「乗っていて楽しいもの」が欲しいです。

なので、ほんとは自転車も気になるんですが、沼っぽいのでとりあえず電動自転車を検討しているんですよね。それについてどう思いますか? やっぱり自転車の沼に入ってみたほうが楽しいですか?

210121_e_bike_kamiyama_1

自転車沼に積極的に誘うことはしてないですね。

いろいろ理由があるんですが、スポーツ自転車ってピーキーなんです。取り回しが想像以上によくなくて、定期的にメンテしたりもしないといけないです。めんどい。この辺りを乗り越えてなお「速く遠くへいきたい」という人にだけご紹介しています(笑)。なので、上でも言ったように予算を考えないなら、今は電動自転車が正義です。

210121_e_bike_kamiyama_2

なるほど、そこを含めて楽しめる覚悟はないかもしれません(笑)。

210121_e_bike_kamiyama_1

沼自体は楽しいんですけど、カメラ沼と似ていて、適性があるんですよね。たのしめない人が踏み込んでもしんどいと思います。基準は100km以上を自転車で走りたいか、でしょうか。自転車でツーリングみたいなことしたいかが境目ですね。

210121_e_bike_kamiyama_2

怖いですね(笑)。

210121_e_bike_kamiyama_1

山本さんは近所で走る、ちょっと行動圏を広げたいって感じみたいなので、電動があってると思いますよ。

210121_e_bike_kamiyama_2

そうですね。東京で電動自転車乗ったときに「これあればどこでも行けんじゃん!」っていう衝撃があったので、僕は電動自転車のほうが合ってますね、絶対。

聞きたいこと③:電チャリ、最初にどこを見たらいい?

210121_e_bike_kamiyama_2

じゃあ電動自転車って、最初にどこを重視して選べばいいんですか?

210121_e_bike_kamiyama_1

見た目ですね。デザインがかっこいいか、自分のファッションの一部になるか、でしょう。

210121_e_bike_kamiyama_2

意外とそこなんですね。スペックは、ぶっちゃけどうでもいいんですか?

210121_e_bike_kamiyama_1

もちろん、そこも見たほうがいいんですが、「ぼくはこれにどうしても乗りたいんだ」って思いで細かい性能差は乗り越えられると思います

このあたり、カメラが似てると思うんです。カメラってどれ使ってもある程度撮れるじゃないですか。ライカがちょっと使いにくいっていっても、それはキヤノンやソニーに比べての話で、撮りたいものは撮れるし、何よりライカはいつも持っていたくなるでしょう。

自転車も同じで、「まずこの自転車がいいな」があるかどうか、その上でスペック的に「ぼくのユースケースで不足しないか(不足があってもガマンできるか)」を見る感じがいいのかなと個人的には思ってます。

210121_e_bike_kamiyama_2

一発で分かりました(笑)。

210121_e_bike_kamiyama_1

逆に聞きたいんですけど、山本さんはBESVのどこがいいと思いました?

210121_e_bike_kamiyama_2

やっぱLuupに最初乗っちゃってるから、タイヤの大きいゴツい電動自転車みてもなんかしっくり来ないんですよね。その中で一番デザインが好きなやつを見ていくと、BESVが一番でした。

210121_e_bike_kamiyama_5
Image: BESV
BESV PSA1


210121_e_bike_kamiyama_1

めっちゃ見た目ですね(笑)。でもそれでいいと思うし、大事だと思いますよ。だって、自転車ってある程度日常的に乗るものでしょう? そういうもののデザインが自分の好みに合ってなかったら厳しくないですか。クルマだってそういうところで選ぶし、スマホもそうでしょう。自転車を見た目で選んじゃいけないわけないと思います。

性能が頭打ちになった時点で差になるのはデザインだけです。iPhoneが日本で人気なのもそこが理由じゃないかな。ライカが異常に人気があるのもそういうとこあるんじゃないでしょうか。 ハイエンドな自転車って趣味の領域なので、ライカを買う理由と同じ理由になってくると思ってますねー。なんていうのかな、「自分のライカたりうる製品を探すゲーム」。

210121_e_bike_kamiyama_2

実際問題、Besvの性能ってどうなんですか?

210121_e_bike_kamiyama_1

こんな感じですかね。

・重量20kg弱は電動として見ても重い。室内で保管する場合は、家の前の段差などが若干しんどいです。充電ユニットを取り外して家に持ち込めるかは確認したほうがいいでしょう。

・走行性能はいいです。試乗したことありますが、爽快感あると思う。

・ほかの見どころは、ディスクブレーキ採用。制動性が従来のブレーキより安定しており、最近主流になりつつあるタイプです。

サスペンション搭載で段差を超えるときの突き上げを軽減してくれそうなのもよさげ。

サイクルコンピュータ搭載。走行速度なども手元で確認できます。

総じてハイスペックといえる電チャリですね。

210121_e_bike_kamiyama_2

おー、 そこそこスペックも良い感じなんですね。

ほかにも神山さん的におすすめの電動自転車を教えてもらえませんか? 自転車好きから見て、良いモノが知りたいです。

210121_e_bike_kamiyama_1

高価な順です。デザイン重視で選んだのでちょっと高めかも。

CREO SL E5 COMP

210126_e_bike_kamiyama_1
Image: スペシャライズド

55万円(税込)

ハイエンドなロードバイクタイプの電動自転車。電動ユニット&バッテリーがロードバイクフレームの中にうまく収められており、とにかくスリムで美しい。Specializedはロードバイクのリーディングブランドのひとつで、使われているパーツ類もハイエンド。走行性にも期待できる。

Trek Bikes Powerfly 5

210126_e_bike_kamiyama_2

46万円(税抜、実勢価格)

マウンテンバイクタイプの電動自転車。ゴツさがかっこいい、という人と好相性。MTB特有の重さを電動の力でなくせ、オフロードもいける走破性の高さ・安定性を活かせるようになるため、MTBタイプの電動自転車はプロダクトとしてかなり合理的。

BESV JR1

210126_e_bike_kamiyama_8
Image: BESV

27万6000円(税抜)

CERO SL E5 COMPよりも安くまとめられたロードバイクタイプの電動自転車。デザインもロードバイクメーカーとは異なる、現代的な感じ。

FUJI BIKE MOTIVATOR

210126_e_bike_kamiyama_4
Image: FUJI BIKE

22万9000円(税抜)

クロスバイクタイプの電動自転車。フジはストリートを意識したデザインが魅力的!

VanMoof X3

210126_e_bike_kamiyama_7
Image: VanMoof

25万円(税込)

デザイン性と機能性を両立したイノベーティブな電動自転車。自転車としてはクロスバイクとシティサイクルの中間。

デイトナ DE01

210126_e_bike_kamiyama_5
Image: デイトナ

17万4900円(税込)

ミニベロタイプの電動自転車。 バッテリーがうまいことまとまっていてかわいい感じになっている。

TRANS MOBILLY NEXT140

210126_e_bike_kamiyama_6
Image: TRANS MOBILLY

9万5000円(税抜)

ご近所サイクリングに向く、折りたたみ電動ミニベロ。バッテリーがそこまでもちませんが、お安め。


というわけで、結論としては「見た目が気に入ったらオールOK」ということでした。あとはお財布との相談ですが、とりあえず僕はBESV「PSA1」試乗をしてみようと思います。

    あわせて読みたい