USB-C&Aで30W!RavPowerの充電器「RP-PC144」の汎用性や良しっ!

  • 8,610

  • Buy
  • author 小暮ひさのり
USB-C&Aで30W!RavPowerの充電器「RP-PC144」の汎用性や良しっ!
Photo: 小暮ひさのり

使い勝手良くてしかも安い。

ガジェットの充電器って、ひとそれぞれ求める出力・サイズ・仕様が異なると思います。選択肢もたくさんあって、どれを選んだら…?ってなりがち。うん、わかります。

でも、そこに「携帯性」「汎用性」「コスパ」なステータスを重視するなら、 今回試用した、RAVPowerの「RP-PC144」は、かなり有力な1台だと感じました。

201205rak02
Photo: 小暮ひさのり

うん。小さくていい。

まず気になるサイズ感ですが、スペックシートからの寸法は49×49×29mmで重量80g。最近の出力30Wの充電器としては平均的なサイズかもしれませんが「2ポートあるやつ」と考えるとかなりコンパクト。しかも軽い。

個人的にはエンボス加工されているのもポイントですね。ガジェット使いの方々ならおわかりかと思いますが、傷が目立ちにくいんので、乱雑にバッグに入れておいても大丈夫。

201205rak03
Photo: 小暮ひさのり

持ち運ぶと考えると、プラグが収納式なのもめちゃくちゃ大事!

カバンやポーチにいれるにしても、プラグがしまえないとやっぱり邪魔。収納式にすることで、本体寸法はちょっと大きくなってしまったとしても、携帯利用を考えるとこの仕様は本当にジャスティスです。

201205rak01
Photo: 小暮ひさのり

ポート構成は、USB-CとUSB-Aの2ポート。

現代ガジェットはUSB-Cへとシフトしつつありますが、世の中有象無象にあるUSB-Aに対応できるのもポイントですね。USB-Aってまだ現役ですし、電源アダプタに汎用性を求めるなら、USB-CとUSB-Aは両方あって当然です。

201205rak04
Photo: 小暮ひさのり

USB-Cポートは「Power Delivery 3.0」対応しています。iPhone 12シリーズだって20Wで高速充電対応。充電器が付かなくなったiPhoneのメイン充電器としてもいいですね! また、「PPS(Programmable Power Supply)」規格にも対応しているので、Galaxy S20などへの充電も最適化されているようです。

あと、昨年発売されたMacBook Air(M1)とかMacBook Pro(M1)のおかわり充電器としても良さそう。省エネなM1プロセッサなら30Wでも十分だし、コンパクトで2ポート使えるから、僕が持ち歩くならこちらを選びます。

ただ今回、MacBookとiPhoneを同時に接続したところ、USB-Cポートの単ポート利用時は30Wで充電されていましたが、USB-AにiPhoneを接続したところ、USB-C側は12Wまで落ちてしまいました。充電速度を重視するなら、同時充電は控えた方が良さそうですね。

201205rak05
Photo: 小暮ひさのり

しかし、やはりUSB-Aがあるのが地味に便利で、外出時に充電器とケーブルの組み合わせを意識しなくなったのは大きなメリットでした。サイズも「普段充電器を持ち歩くなら、このくらいのサイズに抑えたいよね」っていう、丁度いいラインを押さえた作りなので、これは1つ持っておくと絶対に幸せになれるやつですよ。

そんな「RP-PC144」のオープン価格は、2,299円とこちらもコンパクト。…なのですが!

今回、販売記念セールとして、2⽉19⽇(⾦) 15:00 〜 2⽉21⽇(⽇)23:59 までの間は販売ページにてご注⽂時にチェックボックスクーポン適⽤で10%オフ、さらに読者限定のクーポンコード【PC144GIZ】適用で10%オフなので、合計20%オフ・最終価格1,839円へ。僕らの心を揺さぶる魅惑の3ヒットコンボを繰り広げています。

いや、こんな使い勝手良いやつが、1,839円なら全人類が買うでしょ? セールは期間限定なので、早めにどうぞ!

Amazonの販売ページにてご購入いただく際に、お支払い方法選択画面や注文確認画面で上記クーポンコードを入力すれば割引が適応されます。アイテムの詳細や購入は以下のリンクより。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Source: Amazon

    あわせて読みたい