いびきの治療に舌の筋トレ。新発想の器具を米国が認可

  • author Alyse Stanley - Gizmodo US
  • [原文]
  • 福田ミホ
いびきの治療に舌の筋トレ。新発想の器具を米国が認可
Image: Signifier Medical Technologies - YouTube

舌を鍛えて、眠りを改善。

いびきって本人だけじゃなく隣で寝てる人にとっても悩ましいんですが、問題はただうるさいとか、寝付けないとかだけじゃありません。いびきをかく人は閉塞性睡眠時無呼吸症候群になっている可能性もあり、放っておくとより深刻な病気を引き起こしたり、最悪の場合は突然死に至ったりする場合もあります。

でもいびきや睡眠時無呼吸症候群を治療するための選択肢は、まだ多くはありません。睡眠時無呼吸症候群の治療には、CPAPという鼻に空気を送る器具やマウスピースが使われることが多いのですが、どちらも寝てる間に装着するものです。うまく使えて深く眠れるようになる人がいる一方で、どうしても器具が気になって寝られないという人もいるようです。でも米国食品医薬品局(FDA)が新たに承認した「eXciteOSA」は、寝るときじゃなく起きてる間に短時間使うだけの、新発想の治療法です。

口にくわえて20分、舌を刺激

閉塞性睡眠時無呼吸症候群は、寝ている間に舌やのどの筋肉がゆるんで、気道が閉じてしまうことで起こります。そこでeXciteOSAは、起きている間に舌の筋肉を刺激して、眠ってもゆるみにくい状態に鍛えていくそうです。舌の筋トレってわけですね。

Video: Signifier Medical Technologies/YouTube

eXciteOSAは口にくわえて使うマウスピース型器具で、舌の上下に2つずつ、計4つの電極が付いてます。電極からは筋肉を刺激する弱い電流が流れ、電流の強さはスマホアプリから調節可能です。腹筋を電気で鍛えるやつみたいな感じでしょうね。治療にはまず6週間、1日20分このデバイスを使いますが、その後は週1回でOKになります。

いびきや睡眠時無呼吸の症状を軽減

FDAの検証実験によれば、eXciteOSAは実験に参加した155人の患者のうち87人において、大きないびき(40dB以上)を20%減らしたそうです。そのうち、いびきだけでなく軽度の睡眠時無呼吸症候群にも悩んでいた人たちに関しては、症状の深刻度を表す「無呼吸低呼吸指数」(AHI)が、48人のうち41人で平均48%低下していました。ただ副作用もあり、FDAが確認したところでは唾液の増加、舌や歯の不快感、舌のしびれ、歯の詰め物の知覚過敏、金属のような味の感覚、吐き気、あごの緊張といったものが報告されています。

eXciteOSAを使うには今のところ処方せんが必要で、ペースメーカーやペーシングリード、一時的または恒久的インプラント、歯列矯正器具、歯に着けるジュエリー、といったものを身に着けている人は使えません。またeXciteOSAでの治療を始める前には、徹底した歯の検診が必要です。なので旅行で米国行ったときに試しに購入、とかはできないようです(どっちみち今は旅行自体気軽にできませんが)。またeXciteOSAはあくまで軽度な睡眠時無呼吸症候群を対象としていて、症状が深刻な人は適用外になります。

患者数は10億人近いと推定

閉塞性睡眠時無呼吸症候群に悩む人は増えていて、治療しないままだと緑内障、糖尿病、心疾患、がん、認知・行動障害といった深刻な症状につながりうるとされています。でもとてもありふれた病気でもあり、米国保健福祉省のとある研究では、世界の30〜69歳成人のうち9億3600万人が、軽度以上の閉塞性睡眠時無呼吸症候群を経験すると推定しています。

ジョンズ・ホプキンズ大学の研究によれば、成人の約45%はときどき、25%はいつも、いびきをかいているそうです。いびきをかくこと自体は必ずしも深刻な睡眠障害とイコールではないのですが、症状の多くは閉塞性睡眠時無呼吸症候群と重なっています。

「閉塞性睡眠時無呼吸症候群は眠りの質に影響するだけでなく、放置すれば他の深刻な疾患につながる恐れがあります。今回の承認で、いびきや軽度の睡眠時無呼吸症候群を経験している多くの人に新たな選択肢を提供できます」FDAのディレクター、Malvina Eydelman博士はプレスリリースで言っています。

eXciteOSAはこの問題に対する特効薬とまではいかないのですが、今のところ有望な結果を出しています。寝るときに着けなきゃいけない装置に抵抗があった人でも、これなら使えるかもしれません。またeXciteOSAにインスパイアされて、同じ方向性の治療法がもっと出てくる可能性もあります。こういったライトな方法で、より大きな病気の芽をつみとっていけるのはありがたいですね。

    あわせて読みたい