Fitbitを買ったら「Fitbit Premium」に加入すべき理由

  • 18,648

  • author David Nield - Gizmodo US
  • [原文]
  • 中川真知子
Fitbitを買ったら「Fitbit Premium」に加入すべき理由
Image: Victoria Song/Gizmodo US

それだけの価値があります。

Fitbit Premiumは、数あるフィットネスサブスクリプションのひとつですが、他のサブスクとは異なり、Fitbitのウェアラブルデバイスの経験を補完してくれるために存在しています。

この有料サービスは、既存のFitbitのサービスをより深堀りしたり、オンデマンドのワークアウトパーソナライズされたインストラクションを提供してくれるわけですが、果たして月額650円(Android版は640円)を支払う価値はあるのでしょうか? 今日は、なぜ加入したほうがいいのか、どうやって加入するのかをお伝えしたいと思います。

(*本国では約10ドルですが、日本はサービスの内容により650円になっています。)

メリット1 :ワークアウトビデオとガイドプログラムが使える

Premiumに入ると、様々なワークアウトのビデオにアクセスすることが可能です。ワークアウトは大きく分けて2種類で、シンプルなオンデマンドのワークアウトと、ユーザーの日々の記録を反映してアレンジしてくれるガイドプログラムです。

ワークアウトは、ランニング、ウォーキング、メディテーション、ストレッチ、筋肉の部位ごとのエクササイズ、体幹、子ども用エクササイズ、ヨガなど。これに加えて、健康的なレシピも紹介されているので、みていて飽きることはありません。

arnnhhncpupo1rhz38r2
Image: Fitbt

時間や難易度でフィルタリングできるので、空き時間に少しだけ体を動かしたい時にピンポイントの動画を検索することも可能。

1F35A7E5-F58F-487E-AC3B-798C1C2E7A57_1_105_c
Image:中川真知子/Fitbit

ガイドプログラムは、砂糖の摂取を減らしたり、睡眠の質を向上させたりといった、具体的な目標をクリアするのをサポートしてくれるもの。

例えば、砂糖たっぷりの朝食をやめたい場合は、下のようなプログラム画面になります。

342B0827-0616-4C8E-877E-CD7FB065C550_1_105_c
Image:中川真知子/Fitbit

マフィンや菓子パンなどを食べなかったら、その日のミッションはコンプリートされたとしてポチッとマークをします。

日曜に仕込んでおけば1週間は美味しく食べられるレシピも紹介されているので、簡単に目標をクリアできるようになっているのが嬉しいです。

少しお安いFitbit Coachもある

ちなみに、FitbitはFitbit Premiumの他に2015年にローンチされたFitbit Coachという少しお安いサブスクプランもあります。これは、Premiumの家でもできるコーチング動画とは異なり、ジムでパーソナルトレイナーをつけるような感覚に近いかも。

lxvqpvg9x2zwbum7jz0u
Image: Fitbit

例えば、エアロバイクで20分サイクリングする時、ユーザーは単調に漕いでしまいがちですが、ペース配分を変えたり、効率的にカーディオフィットネスレベルにしてくれたりといったサポートをしてくれます。

なお、Fitbit Premiumに入っていると、Fitbit Coachにもアクセスできますが、Fitbit Coachの内容はPremiumのダッシュボードではみることができず、単体のアプリとして存在しているので、別個にダウンロードしておく必要がありますよ。

メリット2:より詳細な統計と知見

Fitbitは、サブスクリプションしなくても、指標やフィードバックを提供してくれます。しかし、Premiumに入ると、より深い統計や知見を得ることができます。

例えば、Fitbitをして一晩眠るだけで、睡眠中の心拍数を考慮に入れた睡眠スコアの詳細な分析から、睡眠時間、深い睡眠とレム睡眠、回復度といった各段階に関するより多くのデータをみることが可能になります。

mmnstbwd84p8ekjdqvwt
Image: Fitbit

また、睡眠のクオリティを上げるための方法やアドバイスといった知見が得られたり、その前の月の睡眠パターンの変化の概要がみられます。睡眠に関しては、無料版と有料版でかなりのサービスの開きがあると言えるでしょう。

さらに、「健康メトリックス」のダッシュボードには、呼吸数心拍変動皮膚温血中酸素ウェルネス安静時の心拍数といった、より高度な測定値が表示されます。各リーディングには、それが何を意味するのかの説明もついています。

wj2enizi4jbc1r5pzsxe
Image: Fitbit

本国ではWellness Reportという、1ヶ月の記録をまとめたドキュメントも発行されます。これは医師と他の医療専門家と共有することを目的としたものですが、ユーザーのフィットネスレベルを一目で把握できるようになっているので、自分自身の生活やエクササイズを見直すのにも役立ちます。

役立つ機能はほかにも

qouuu8migkidowvwtcxp
Image: Fitbit

特筆すべき機能として、マインドフルネスが挙げられます。これは、瞑想とリラクゼーションに焦点を当てた機能で、不安を取り除いたり、睡眠の質を高めたりするのに役立つオーディオクリップになっています。

その他、チャレンジといって、歩数やアクティビティを他のFitbitユーザーと競うゲームにもアクセスできます。

d4ieinn7zx6m1wybue55
Image: Fitbit

例えば、ビンゴチャレンジは、歩数、アクティブゾーン時間、距離を稼ぎ、いち早くビンゴを完成させるゲームです。遊び感覚で運動ができるので、体を動かすモチベーションになります。

こういった基本的なPremiumに加え、Premium+Coachingという月額5900円のプロと個人的にコミュニケーションを取れるパーソナルトレーナーサービスもあります。

PremiumはFitbitのポテンシャルを解放する

FitbitユーザーでPremiumメンバーの筆者は、せっかくFitbitを使っているのなら、そのポテンシャルを最大限活かすためにPremiumに加入することをオススメします。

かくいう私も、Versa2を使っていた頃はPremiumには入っていませんでした。しかし、Fitbit Senseを手に入れた時に6ヶ月の無料Premiumトライアルに入り、その楽しさと便利さを知ってしまってからはもう後戻りできません。

Premiumに加入する場合は、アプリ内に表示されている「Premium」タブをタップし、月払いか年払いを選ぶだけ。90日間の無料トライアルがあれば、まずは体験してみるといいかもしれません。

日本でのサブスク価格は650円(Android版は640円)。サービスの差はあれど、本国の1000円と比較すれば、かなりお得感があります。

    あわせて読みたい