あの人を大きく! あの文字を大きく! にも対応できる「光学8倍」Webカメラ

  • Buy
  • author 小暮ひさのり
あの人を大きく! あの文字を大きく! にも対応できる「光学8倍」Webカメラ
Image: アイ・オー・データ機器

Webカメラでズームできるメリットは?

現代では、会議もミーティングも、リモートでの実施がすっかり標準化されました。広く見ればノートパソコン1台で最低限の環境は整うんだけど、快適さ・見やすさ・特定のシチューエーションへの特化を狙った専用ハードウェアのニーズも高まっています。

そんなテーマの新兵器が、アイ・オー・データ機器から発表されたズーム機能付きWebカメラ「TC-PC8Z」。

2021-02-15iok02
Image: アイ・オー・データ機器

F1.6と明るめレンズで、210万画素なフルHD(30fps)Webカメラ。

画角は水平57.6度、垂直36.4度。台座部分はパン・チルト対応で、パンは350度、上下方向チルトは90度。リモコンで遠隔操作も対応していて、最大9パターンまでカメラの向きを登録できます。また、最大の特徴としてオートフォーカスの光学8倍ズームに対応しています。

Webカメラで光学8倍? どういう時に使うんですか?

って。個人レベルだと、鼻の穴をドアップにする遊びくらいしか思いつかなかったのですが、広めの部屋で多人数参加のビジネスシーンを考えると、なるほど、アリだな!って。

2021-02-15iok01
Image: アイ・オー・データ機器

こちらがその設置例なんだけど、引き気味に設置して会議室全体を映しつつ、発言者やホワイトボードにズームもできます。光学8倍ともなるとさすがの見やすさ! カメラをスイッチングしなくても、ズームで対応できるのはいいですねー。

「TC-PC8Z」は2021年3月発売予定で、価格は直販サイトで5万4780円。リモートがあたりまえになってきた現代ビジネスシーン、セミナー、学習で求められるWebカメラな予感もするので、リモートの環境構築・カイゼンのタスクを割り当てられた方は、予算に突っ込んでみましょう。

画角に合わせて複数のカメラをスイッチングするよりも、遥かに楽チンです。たぶん。

Source: アイ・オー・データ機器 via 価格コム

    あわせて読みたい