iPhone 12の医療機器への影響について、米専門家がレポート

  • 7,272

  • author 塚本直樹
iPhone 12の医療機器への影響について、米専門家がレポート
Image: Hadrian / Shutterstock.com

使い方を守りましょう。

iPhone 12シリーズ(やMagSafeアクセサリ)では磁石が組み込まれていますが、それらの除細動器やペースメーカーへの影響をアメリカの循環器科医が報告しています。

ヘンリーフォード心臓血管研究所の循環器専門医であるGurjit Singh(グルジット・シン)氏とその同僚は、iPhone 12 Proを除細動器を埋め込んだ患者の胸に近づけました。すると、除細動器は動作を止めてしまったのです。またiPhone 12 Proを胸から離すと、除細動器はまた動作を開始しました。

この結果を受けて、Singh博士は医学誌のHeartRhythmに「これらのデバイスを日常的に使用して生活している人々は何も考えずに、シャツのポケットやコートの中にスマートフォン入れてしまいます。そしてそれが原因で、除細動器やペースメーカーに致命的な影響を及ぼす可能性があることを知らないのです」と報告しています。

もちろんApple(アップル)はこのような影響を把握しており、「iPhoneやMagSafeアクセサリを機器から15cm以内、ワイヤレス充電時は30cm以内に近づけない」ように注意しています。便利なはずのスマートフォンで健康を損なわないためにも、その使い方には十分気をつけたいものです。

Source: NBC25 News via MacRumors

    あわせて読みたい