メキシコ発、重心が低く荷物がたくさん運べる3輪カーゴeトライク「MX3 CARGO」

  • 21,017

  • author 岡本玄介
メキシコ発、重心が低く荷物がたくさん運べる3輪カーゴeトライク「MX3 CARGO」
Image: MASTRETTA

小さな商売や配達業に良さげ!

自転車は、移動するだけでなく運搬する目的でも使われるのは皆さんご存知の通り。それは電動になったeバイクでも変わりありません。

ということで、メキシコではMASTRETTA社が、前2輪で後ろ1輪のeトライク「MX3 CARGO」シリーズを作っており、これがハンドルの前、サドルの前と後ろにもカゴを設置できるだけでなく、荷車を牽引してさらなる荷運びを可能にするよう設計されています。

Video: Carlos Mastretta/YouTube

安定性と安全性

重量のある充電池は低い位置に設置され、モーターと合わせて重心が低く安定したデザインになっているのも特徴のひとつ。そして3輪車なのも安定性に貢献し、ハンドルと共に車体を傾けてコーナリングするようになっています。

ついでに停車時は、直立した状態でロックできるので、何かがぶつかっても倒れにくいのも良いですね。フタのないカゴを使っていたら、中身をブチ撒ける心配が軽減されます。

サイズとパワーが違う4種類

「MX3 CARGO」は98%リサイクル素材で作られ、用途に合わせた4種のモデルがあります。そして与えられた数字が、それぞれ最大積載量となっているので分かりやすくなっています。

210225_mx3cargo2
Image: MASTRETTA

まず全長170cmの「CARGO 40 C」は最もスタンダードなモデルで、36V・250W・90Nmのハブモーターを搭載しており、5段階の電動アシストとスロットルで移動します。最大積載量は40kgでおよそ50kmの距離を走ります。「CARGO 60 C」は「40 C」とほぼ同じスペックですが、モーターがBafangのミッド・ドライブ500Wで最大積載量が60kg。

そして「CARGO 80 LONG TAIL」はテールが長く、後輪の位置が後ろにあるため全長が210cm。Bafangの500Wモーターを搭載し最大積載量が80kgとなっています。最後に「CARGO 200 REMOLQUE」は、荷車付きの「60 C」で全長が320cm。最大200kgの荷物を一気に運べるようになっています。

また全モデルには、3輪全てに油圧式ディスクブレーキがあるので制動力はバッチリ。乗り物は重くなるほど止まりにくくなるので、これはあって然りですね。


いずれも価格は発表されていませんが、さすがに軽トラを買うより安いんじゃないかな? と思います。スロットルがあるタイプなので日本に輸入したら登録や保安部品の追加、保険加入などが必要になることと思われます。電アシだけなら食事の配達やラスト1マイルの宅配に大活躍ですね。駐輪場に停めるのが大変そうですけども?

Source: YouTube via MASTRETTA via designboom, electrek

    あわせて読みたい