MacBook Proでは事実上USB-Cハブやドングル必須、それが変わるならうれしいなぁ

  • 15,460

  • author Victoria Song - Gizmodo US
  • [原文]
  • 塚本直樹
MacBook Proでは事実上USB-Cハブやドングル必須、それが変わるならうれしいなぁ
Image: Alex Cranz/Gizmodo US

本当ならめちゃ助かる。

著名アナリストのミンチー・クオさんの最新レポートによれば、Apple(アップル)は2021年後半に投入される次期MacBook ProにてHDMIポートとSDカードスロットの復活を計画しているようですよ?

「アップルが2021年後半に投入するMacBook Proの2モデルでは、いくつかの重要なデザインと使用の変更が予測されています」と、MacRumorsによればクオ氏は報告しています。「ユーザーにとって重要な変更点は、SDカードスロットとHDMIポートの搭載です」

このような噂は、以前にBloomberg(ブルームバーグ)のMark Gurman記者も伝えています。彼によれば、やはり次期MacBook ProではSDカードスロットが復活し、2016年以降写真家やビデオクリエーターを困らせていた問題が解決されるそうです。

事実上強いられていたUSB-Cハブやドングルの利用

現在私は2020年モデルの13インチMacBook Proを使っています。そこには4つのThunderbolt/USB-Cポートがあるのですが、そのうちの3つはドングルのハブで埋め尽くされています。ワイヤレスマウス用のドングル、メカニカルキーボード用のケーブル、2台目のモニターへのHDMIケーブル、信頼できるSDカードリーダー、そして少なくとも2台のスマートウォッチをこのMacBook Proから充電しています。確かにドングルとUSB-Cハブは最近は手頃な価格ですが、万能というわけではありません。またある時は、ハブのHDMIポートが壊れてしまったので変わりのドングルを探さなければなりませんでした。これらを改善するには、ちょっとした修正で済みます。つまり、MacBook ProにSDカードスロットとHDMIポートを搭載することです。

2016年以降、MacBook Proユーザーは周辺機器の接続に多用なドングルの利用を強いられてきました。さらに13インチMacBook Pro(下位モデル)やMacBook AirにはThunderbolt/USB-Cポートが2個しかなく、そのうち1つは電源ポートとして利用するため、現実的に利用できるUSB-Cポートはたった一つということになります。一方でアップルは悪評高いバタフライキーボードを廃止したように、最近はユーザーの声を聞こうとしている徴候が見られます。また、キーボード上部のTouch Barの廃止のや、充電用のMagSafeの復活のも伝えられていますね。

もちろん今回の情報は公式なものではないので外れる可能性もありますが、MacBook Proユーザーとしてはぜひ本当であってほしいものです。

    あわせて読みたい