Cybertruckソックリのキャンピングカー、太陽光パネルで充電&牽引するEVに給電しながら走る

  • 48,924

    Cybertruckソックリのキャンピングカー、太陽光パネルで充電&牽引するEVに給電しながら走る
    Image: Polydrops

    車内にはBluetoothスピーカーもあってベッドが広々!

    ぜひともTesla(テスラ)のCybertruckに牽引して貰いたい、Cybertruckにソックリな「P17A」というキャンピングカーが、カリフォルニアのPolydrops社で作られました。

    特徴は見た目だけでなく、屋根に貼られた太陽光パネルが発電し、牽引するEVに電力を供給する機能を持っている点。床は12kWhのバッテリーが一体になっているため、その真上にある内装がほぼベッドルームなのも振り切っていてユニークです。

    210215_p17a2
    Image: Polydrops

    エアコンを6日間つけっぱにできる

    太陽光パネルは520Wで、当然ながら床下バッテリーに電力を供給します。その蓄電能力は、5000BTU(約1,256kcal)の内部エアコンを6日間つけっぱなしにできるというから驚きです。また断熱材を使った壁の厚みは最大22cmもあり、室内の暖気や冷気をバッチリ保温。これもエアコンに必要なエネルギーを節約することに繋がります。

    Video: Polydrops/YouTube

    キッチンは中からでもアクセスできるとのこと。家庭用クラスの広さなので、何でも調理ができてしまいます。

    オプション全部盛りで290万円ほど

    気になるお値段は、ベース車両が24,990ドル(約262万円)で、追加機能として台所モジュールが1,850ドル(約19万4,000円)、Bluetoothスピーカーが500ドル(約5万2,500円)となっています。Cybertruckもキャンプ仕様になって簡易キッチンのオプションがありますが…最安モデルで約433万円となっています。両方買って旅をする、酔狂なお金持ちは現れるでしょうか?

    Source: YouTube, Polydrops via designboom, INTERESTING ENGINEERING

      あわせて読みたい