これなら洗面台に置きたい!スタイリッシュなマウスウォッシュディスペンサー

  • 9,370

これなら洗面台に置きたい!スタイリッシュなマウスウォッシュディスペンサー
Photo: Catie Keck/Gizmodo

洗練されたデザインのオーラルケア製品を手掛けるQuipから、マウスウォッシュディスペンサーとサブスクサービスが登場。フロスピックに続いてCatie Keck記者によるレビューです。


Quipはグレードアップしたマウスウォッシュを提案していますが、それって必要なものでしょうか?

デンタル系のガジェットを続々発表している同社の最新プロダクトは、スタイリッシュな詰め替え式のマウスウォッシュディスペンサーです。この1週間ほど、送られてきた製品を使ってみましたが、これまでの「マウスウォッシュのボトルが大きくて重すぎるためシンク下にしまわれてしまう」という煩わしさを改善したデザインのように感じました。

それに1週間洗面台に置いてみたところ、もっと定期的にマウスウォッシュをしなければと気付かせてくれた点も、とてもよかったなと。Quipの他の製品と同様に、なくてもいい製品だとは思いますが、現時点で3月上旬まで入荷待ちということは、Quipはいいところに気付いたのかもしれません。

Quip Mouthwash Dispenser

210212quip2

これは何?:マウスウォッシュのディスペンサーと、詰め替えボトルのサブスクサービス

価格:プラスチックのマットホワイトバージョンが10ドル、金属バージョンはすべて20ドル

好きなところ:便利だし、洗面台に置いても見た目がよい

好きじゃないところ:ドラッグストアで売っている製品よりも少し高め

マウスウォッシュのスターターキットは、プラスチックのマットホワイトバージョンが10ドル。ゴールド、ローズゴールド、ブラックとシルバーの金属バージョンが20ドルの2種類のラインナップです。洗面台に鎮座しても出しゃばらないディスペンサーというのが大事で、同社のミニマルなデザインを気に入ってる人たちもガッカリすることはなさそう。マウスウォッシュの濃縮液は、本体から底部を取り外してから入れるようになっています。本体のトップにあるボタンを押すと出てくる少量の液体をプラスチック製の小さな計量カップに注ぎ、水を足して口をすすぐ。たったそれだけ。Quipはマウスウォッシュのプロセス自体に革命を起こしたわけでないし、マウスウォッシュの濃縮液自体も真新しいものではありません。

マウスウォッシュは、ミント味の4倍濃縮タイプ。アルコールフリーでビーガンフレンドリー、フッ化物とキシリトールと塩化セチルピリジニウムが配合されています。3倍量の水と希釈すれば、470ml分のマウスウォッシュに。サブスクリプションでは、定期的に配送される詰め替えボトルの本数を選べます。便利なのは間違いありません。しかし、普段購入している品物によりますが、スーパーで買うより必ずしも安いとは限りません。濃縮液の詰め替えボトルは1本につき7.50ドルで、Quipいわく470mlの量になります。分量が近い500mlのリステリンは、TARGETだと4.50ドルでした。

210212quip3
Photo: Catie Keck/Gizmodo

Quipの濃縮液ボトルはリサイクル可能です。どんな製品パッケージにも言えることですが、回収に出す前に住んでいる地域の廃棄物管理のガイドラインを確認してくださいね。Quipは資料の中で、詰め替えボトルに小さなボトルを用いるのはプラスチックごみを減らためだとも述べていました。しかし、まだ金属とプラスチック製の大きなディスペンサーという問題が残っています。この製品をおそらく買うとして、「死ぬまでひとつのディスペンサーを使い続ける」「一生モノの約束をする準備ができている」という人でない限り、いつか人にあげたり捨てたりすることになります。

とは言え、このプロダクトのために主張しておきたい部分もあります。それは同じくらい魅力的なQuipのフロスピック(ちなみに私はハマりました)のように、洗面台にどちらかがあるだけで「フロスやマウスウォッシュをもっとしなきゃ」というリマインダーになるという点。洗面台の限られたスペースがゴチャゴチャに見えるようなドラッグストアで購入した見苦しいパッケージであれば、目につく場所に出してなかったかもしれません。両製品ともあまり場所を取らず、ディスペンサーに限っては大きなカップと同じくらいの面積しかとりません。

純粋にデザインの美しさで言えば、目障りにならずに役割を果たしてくれる製品が、空間をさらに機能的でステキにしてくれる点も気に入っています。今は狭いアパートメントに住んでいて、我が家のあらゆる空間には役割があります。特にコロナ禍のせいで、あまりに長い時間をこの空間の中で過ごしていると、家を片付けておくことは精神衛生上とても大切になります。この製品は洗面台に置いておいても全く邪魔にはならず、前述したように出しておいたことによって前よりマウスウォッシュを使うようになったのです。

マウスウォッシュディスペンサーを指名買いする必要があるでしょうか? いいえ、全然。でもQuipの洗練されたプロダクトはどれもそうですが、これがあることで口腔衛生を改善し、居住空間が少しでもさらに住みやすいと感じられるようになるなら、ぜひマウスウォッシュをアップグレードしましょう。

    あわせて読みたい