廃プラスチックと砂でブロックができる。プラごみだらけの世界に喝!

  • 14,981

  • author 岡本玄介
廃プラスチックと砂でブロックができる。プラごみだらけの世界に喝!
Image: YOUNG CHAMPIONS OF THE EARTH

色も変えられて床にデザイン性を持たせられる。

世界中で毎日出てくるプラスチックごみ。ナイロビでは毎日500トンものプラごみが排出されるのだそうです。そこで、粉砕した廃プラ材と砂を混ぜ、高温で圧縮してブロックを作る女性起業家が注目されています。

起業家は29歳の技術者

29歳のNzambi Mateeさんは、大学で材料科学を専攻し、その後ケニアの石油産業でエンジニアとして働いていた経験があります。そうした下地があるため、彼女が作るブロックはコンクリート製より軽くて頑丈。さらに安く作れて1日に1,000~1,500個を生産しています。

そして彼女は、国際連合環境計画で「ヤング・チャンピオンズ・オブ・ジ・アース 2020」というコンテストで受賞を果たすこととなったのです。

Video: UN Environment Programme/YouTube

現時点では、彼女はこの舗装用ブロックを20トンほど作っているとのこと。そして次の会計年度には50トンを目指し、将来は建設用のブロックも作りたいと話しています。Mateeさんはこの動きを、まずアフリカ全土に広げて国中の若者を奮起させ、似たような活動に繋げてほしいと考えています。

210209_blocks
Image: YOUNG CHAMPIONS OF THE EARTH

プラごみだらけの世界を変えたかった

彼女はとにかくプラスチックごみに囲まれて暮らすのがイヤだったのが、この活動の動機だったのだそうです。そして会社を辞めて1年間、貯金を叩いてこのブロック開発に費やしました。それからアメリカの社会起業家研修プログラムのための奨学金を得て、コロラド大学で検証と改良を施し、起業するに至ったのです。周りから反対されても、信念を貫き通したのが実を結んだのでした。


ポイ捨てされる廃材が人々を暮らしにくくするのであれば、プラスチックの良さを活かして上手に使えば良いのです。このブロックが、発展途上国だけでなく、世界のプラごみ問題にメスを入れられると良いですね。

Source: YouTube, YOUNG CHAMPIONS OF THE EARTH via HACKADAY

    あわせて読みたい