フラッシュメモリで車がブリック化。テスラ車が過去最大13万5000台リコール

  • 22,560

フラッシュメモリで車がブリック化。テスラ車が過去最大13万5000台リコール
ショールームに展示されているModel S(シカゴ・2018年3月) Image: Scott Olson/Getty Images

メモリ不足で車が固まる…のね…。

テスラ(Tesla)が過去最大13万5000台のリコールを発表しました。対象となるのは NVIDIA Tegra 3とHynix 8GBを搭載した2012~18年製セダンのモデルS、2015~18年製SUVのモデルXです。自主回収&無償交換は3月開始。

Tesla車はファームウェアの容量が年々増大中です。車はデータの上書きも頻繁。容量8GBぽっちでは容量いっぱいいっぱいになって、思ったより早くクラッシュしてしまうのだとか…。オーナーフォーラムには次のような不具合が報告されていますよ。

・後方カメラが正常に作動しない

・ウィンカーが正常に作動しない

・霜取りができない

・一部機能が使えない(楽曲再生キュー、オートパイロットの運転者センサーなど)

そこで米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が安全上問題があると判断。先月15日、158,000台すべてのリコールをTeslaに書面で要請していました。

この問題は割と前から有名なんですが、2019年5月に初めて報じられた当初、Teslaは「製造上の故障ではない」と突っぱねていました。リコールなんかしなくても、ソフトウェアのパッチを配布すれば、室温を22℃に設定したり、解氷・霜取り、後方カメラ、ライトの制御といった部分の問題は片付くというスタンスです。

しかし、NHTSAは「そう主張したところでリコールを行なう責任が消えるわけではない。安全上のリスクがないというTeslaの主張には同意しかねる」と反論。とうとうTeslaは返答期限の1月27日、NHTSA宛ての書簡で“自主リコール”に同意しました。ただし 2018年3月以後に製造された2万3000台は最初から高性能チップ搭載なので、リコールの対象からは除外となります。

車両は回収後、64GBのフラッシュメモリにシステムごと交換されるほか、修理済みの車両については立替分の修理代が返金されます。それやこれや含めたら、リコールには全部で2億~2.5億ドル(約210億~263億円)ほどかかりそうな気配です(Guidehouse InsightsアナリストのSam Abuelsamid氏、WSJからの取材に答えて)。

Teslaは2018年にもモデルSを12万3000台リコールしています(寒いとボルトがさびついてパワーステアリングに支障が生じるおそれがあった)。オートパイロットの件でも政府と衝突していて、国家運輸安全委員会(NTS)に「2018年の死亡事故はオートパイロットのせい」と非難されたりしています。

Sources: WSJ

    あわせて読みたい