テキサス大寒波による停電時、テスラの電気で無事に夜を越せた人たちがいる

  • 19,053

  • author 岡本玄介
テキサス大寒波による停電時、テスラの電気で無事に夜を越せた人たちがいる
Image: canadianPhotographer56 / Shutterstock.com

電気自動車や蓄電システムは命を救う。

アメリカのテキサス州では大寒波の襲来により、15日から大規模な計画停電が行なわれています。寒くても暖房がつけられない中、Tesla(テスラ)車のオーナーは車内で温かく夜を過ごし、また家庭用充電池「Powerwall」を導入した人は、問題なく家の中で寒さを凌げた、とVICEが伝えています。

「Model 3」が家族を救った

家にはガスも薪もなく、どのように夜を越せば良いのか考えた男性が、「Model 3」に妻と赤ちゃん、そして犬と同乗し、どうにか凍らずに朝を迎えられた…という話がreditに投稿されています。

My Tesla kept my family from freezing last night. from r/teslamotors

この寒波の中、エンジンを掛けた車内で暖を取ろうとした人たちが、一酸化炭素中毒で亡くなった事例もあります。車庫内に停めていたため、排気ガスが充満してしまったのです。ですが電気自動車なら、その危険はありません。

「Powerwall」で余裕だった人

また設置していた「Powerwall」の蓄電により、29時間分の備えがあったのでこの計画停電でも有り難く過ごせた、という人も投稿しています。

29 hours on backup power, very grateful for powerwalls during Texas rolling blackouts from r/teslamotors

フォード車に救われた人も

THE DRIVEでは、ハイブリッド車の「Ford F-150」を持っている人が、搭載された7.2kw発電機を使い、延長コードで家の中に電力を供給し3日間を快適に過ごせた話を紹介しています。本来なら、大工さんが電動工具を使ったり、アウトドアでキャンプ時に利用するものなのですが…コーヒーメーカーやテレビや冷蔵庫などなど、1日あたり10~12時間稼働させ、生活家電の大多数を3日間使えたというから驚きです。

210222_texas
Image: F150GEN14.COM

ちなみに発電はアイドリング状態だったので、ガソリンが使われたわけですが、それでも余裕でサバイバルできたのでした。


EVは、こうした非常時でも対応できるのが証明された感じですね。とはいえ今回のように究極の環境下では、いかに充電するか? が鍵ではないかなと思います。仮に州外に脱出するにしても、どこで充電できるかを計画的に考えないといけませんし…。今後は、牽引するEVに給電しながら走るキャンピングカーみたいな追加オプションが増えるような気がします。

Source: NBC NEWS via redit via VICE, F150GEN14.COM via THE DRIVE

    あわせて読みたい