5GとFeliCa対応スマホが2万円!? コスパちぎってくる「Xiaomi Redmi Note 9T」発表

  • 9,645

  • author 小暮ひさのり
5GとFeliCa対応スマホが2万円!? コスパちぎってくる「Xiaomi Redmi Note 9T」発表
Image: Xiaomi

も、もっと出してもいいんですよ。

って逆に気を使いたくなります。そんなある意味ハラハラするスマホがXiaomiから発表された「Redmi Note 9T」。

特徴はいくつかありますが、一言で言えば2万円ちょっとで5GとFeliCa(おサイフケータイ)対応のスマホ。日本の物価が急に安くなった幻想に襲われます。

数値はエントリーなれど、現代風装備を抑えた「Redmi Note 9T」

2021-02-01xik02
Image: Xiaomi

「Redmi Note 9T」のスペックをざっくり紹介すると、SoCにMediatekのエントリーチップ「Mediatek Dimensity 800U」、RAM4GB、ROM64GB、画面はフルHD+(2340×1080)という構成。

Dimensity 800Uの性能は、Snapdragon 765Gとほほ同レベルなので、現代のスマホのメインストリームを考えると控えめだなぁ〜っていう所感。このあたりが低価格さを実現しているトリガーとも言えます。

ただ、スペックを抑えて価格追求!なだけでなく、現代的なニーズもしっかりと抑えているのが、このスマホの偉いところ。

SoCのDimensity 800Uはエントリーながらも5G対応なので、場所によっては高速な5G通信を体験できます。カメラもメインカメラは3眼(4800万メイン+200万画素深度+200万画素マクロ)でAI機能も搭載。バッテリーは5,000mAhと大容量です。

なにより日本市場には必要不可欠とも言えるFeliCa(おサイフケータイ)が載ってるのがアツイ! 生体認証が顔認証に加えて、指紋にも対応しているので、コロナ禍の現代ではサイフとしての使い勝手も良さそうなんですよね。

視点を変えみると、2万円でサイフを買うと、画面とカメラと5Gが付いてきてTwitterやソシャゲを遊べる機能が付いてくる。とも言えるわけで、サイフすげーな!って。

2021-02-01xik03
Image: Xiaomi

「Redmi Note 9T」は国内ではソフトバンク専売となり、ソフトバンク直営店での価格は税込2万1600円。2月3日(水)より予約受付が開始され、2月下旬以降に販売開始予定。カラーは「ナイトフォールブラック」と「デイブレイクパープル」の2色展開です。パープル良くない?

4眼+大容量バッテリーな4Gスマホ「Redmi 9T」も登場。1万7490円

2021-02-01xik01
Image: Xiaomi

同時に発表された「Redmi 9T」は、さらに驚きの1万7490円(税込)です。ちょっとわけわかんない。

スペックはSnapdragon 662、RAM4GB、ROM64GB、画面はフルHD+。やはりエントリー向けな構成なことは確かなんだけど、メインカメラは4眼(4800万メイン+800万画素超広角+200万画素深度+200万画素マクロ)。バッテリーは6,000mAhと巨大。

「Redmi 9T」は2月5日より、MVNOやAmazonなどのECサイト、家電量販店から販売されます。さすがにFeliCaや5Gには対応してないけど、連絡手段としてのスマホを求めるなら、これでいいかな!って気にもなってきますね。

ハイスペックなスマホももちろんいいものだけど、スマホに何を求めるか?によっては、これらを選ぶのもアリなのでは!? 安さはひとつの正義でもあるしさ。

Source: Xiaomi

    あわせて読みたい